エリア情報

みなさん、こんにちは。
東急リゾート別荘コンシェルジュ 大森です。

これまでは主に別荘ライフの魅力や新しい物件をご紹介するような業務に携わっておりました。まだまだ勉強中ですが、これからブログ記事を通じて別荘をご検討中のみなさまに、それぞれのリゾートライフを想像して頂けるような情報をお伝えできればと考えております。どうぞこれから、よろしくお願い致します。

箱根の硫黄温泉さて、今日ご紹介するのは「箱根」。
言わずと知れた温泉の街です。

その名前を聞くだけで、湯けむりと険しい山道を思い起こす方も多いのではないでしょうか? 古くから多くの旅人を癒し、今でも温泉好きはもちろん、多くの観光客が訪れる当エリア。別荘地としても高い人気を誇っています。

ここでは、箱根営業所の佐藤所長に聞いた、当地の魅力と楽しみ方を紹介していきたいと思います。

■箱根エリアの楽しみ方は?

明治期より別荘地として有名な箱根。一帯は昔から温泉地として知られています。特に、「箱根十七湯」は温泉好きの間でも人気の湯巡りコース。透明な単純泉から、乳白色の湯まで、多彩な泉質が揃っているのが自慢です。この心地よさに惹かれる方は数多く、最近では海外からの観光客も多くなっています。

「箱根の山は天下の険」と言われるほど複雑な造形の山々は、四季の移ろいによって色を変え、目にも楽しいもの。自然の美しさと偉大さを感じさせてくれます。

それだけではありません。箱根の魅力のひとつは、数々の美術館。名作にちなんだ美術館や近代の造形芸術、繊細な細工を施したオルゴールなど、テーマは様々です。見て、触れて、聴いて……。五感を通じて、芸術を堪能するひと時は日常とは違ったセンスが養われることでしょう。

■格式高いゴルフクラブ、景勝地も多く、アウトドア派にも嬉しい場所

温泉や美術館など、インドアな趣向に目がいきがちな箱根ですが、忘れてならないのは、名門ゴルフクラブの存在です。各ゴルフ場とも、端整に整備されたグリーン、変化に富んだコースがあり、ゴルフ好きにとって一度はまわってみたい場所となっています。また、「かながわの景勝50選」に選ばれた、恩賜箱根公園、駒ケ岳、大涌谷、秋の仙石原高原(すすき野原)、長尾峠、大観山もございます。それらを訪ねて、自然の雄大さに息をのむような瞬間を味わってみるのはいかがでしょうか? ハイキングがご趣味であれば、金時山頂からの富士山はまさに絶景。季節や時間によって表情を変えるその姿を目当てに、何度もお越しになる方もいらっしゃるほどです。 

■このエリアを選ぶオーナーの特徴は?

ゴルフを満喫多くの別荘オーナーの話を聞く中で特に多いのは、「ゴルフを楽しみたい」というご希望と、「いろんな温泉で寛ぎたい」というご意見です。

やはり、この地の魅力に触れ、訪れる回を重ねたうえで、この地に別荘を持ちたい、と思われる方が多いのでしょう。また、都内から近い、というのも選ばれる理由のひとつになっているようです。

箱根エリアの中でも、強羅なら、電車とケーブルカーを利用すればアクセスは良好。温泉を楽しむために、週末を利用してふらりと訪れるような方もいらっしゃいます。

■所長が考える「箱根で理想の別荘をさがす方法」は?

まず、この地でやりたいことはなにか、を明確にして頂ければと思います。

例えば、ゴルフの拠点として別荘をご利用になりたいのか、あまり出かけずに温泉でゆっくりしたいのか。それによって、エリア内のどの別荘地が最適か、ご提案をすることができます。

強羅大文字箱根には、箱根明神平や仙石原エリア、強羅エリアを筆頭に、全部で11の別荘地があります。中には、平坦地もあれば比較的傾斜のある場所もありますので、移動手段のことも考え、最適な場所を検討していただければと思います。

当地のマンション物件には、温泉大浴場が併設されているところが多くあります。一方、一戸建ての別荘をお探しの場合、引き込みに工事や権利取得の手続きが必要になるので注意が必要です。

また、定住をお考えかどうか、ペットと一緒にご利用になりたいか、によってご紹介できる物件が変わってきます。その点についてはぜひ事前にご相談ください。

箱根の別荘は、駐車場設備が充実しているので、お車をご利用の場合でも不便はないでしょう。ただし、山道の運転は慣れるまで少し時間が必要なので、もし自信がない場合は電車の利用ができる場所を選ぶのがオススメです。

こうした、実際に活用してみなければ分からないような「使い勝手」にまつわる情報は、当地をよく知る営業スタッフがご紹介しますので、ぜひお尋ねください。

– 箱根エリアで別荘を探すなら、土地の広さや予算はどのくらい?

まず、マンションの場合であれば、50~70㎡の2LDKの部屋で、800~1,500万円程度が目安です。他方、一戸建ての場合、例えば土地の広さが150坪前後、建物は2LDKから3LDくらいだったとすれば、夏場利用の別荘なら1,000万円台、通年での利用が目的の物件なら3,000万円程度が目安となります。

加えて、あらかじめご検討頂きたいのは、ランニングコスト、つまり管理費のことです。マンションの場合は、修繕積立金、水道基本料を含め、月にだいたい 2万円後半から5万円台が目安となっています。 

一戸建ての場合は、オーナーによってそれぞれですが、庭の手入れ(下草の処理)や屋根の修繕など、ご自身では難しいメンテナンスを代行するための維持費が発生する場合があります。この点については、営業スタッフにご相談いただければ概算で目安となる費用感をお伝えすることができます。

– 箱根営業所の特徴は?

箱根から富士山歴史ある別荘地を有する箱根営業所では、ご希望に合わせて物件をご提案することはもちろん、その地の特徴や気を付けていただきたい点などについても丁寧にご説明するように心がけています。

新たに別荘の購入をご検討になる方も、買い換えや転売をご検討の方にも、お客様のニーズを細かく伺い、リゾートライフの充実をしっかりとサポートできるように取り組んでまいります。箱根エリアに別荘をご検討なら、ぜひお気軽にご相談ください。

箱根営業所については、コチラをご覧下さい⇒

* *

いかがでしたか?

もし、箱根エリアについてもっとよく知りたい、と思われたなら、ぜひ「エリアガイド」をご参考になさってくださいね。

契約手続きとお金のはなし 無料eBookをダウンロード

▲どのくらいの費用がかかるのか、契約はどんなものが必要か、まずは知りたい。そんな方に、購入前に知っておきたい「契約手続きとお金のはなし」をおまとめしました。こちらからダウンロードして頂けます(無料)

※本記事の情報は、公開当時のものです。以降に内容が変更される場合があります。
物件選びチェックリスト 無料eBookをダウンロード