エリア情報

みなさん、こんにちは。
東急リゾート別荘コンシェルジュの大森です。

さて、別荘を検討する際に気になるのが「契約手続きについて」でしょう。

不動産を取得する際の様々な書類の手配や契約内容の確認は、普段の生活では関わらない用語などが多く、戸惑う方もいらっしゃるかもしれません。まして、海外での不動産購入となると「さらに戸惑うことが多くなりそう…」と思うもの。

そこで今日は、そんなハワイで別荘を検討するにあたって知っておきたい「成約までの日本との違い」や「購入の流れ」についてご紹介したいと思います。

*          *

【ハワイでの別荘購入。契約交渉は代理人にお任せ】

ハワイで別荘を購入する際に活躍するのは、「エージェント」「エスクロー」の2つの立場。売主と買主が直接交渉したり、仲介業者が入る、ということはありません。この点は日本のやり方と異なる点と言えるでしょう。

では、エージェントやエスクローはどんな働きをするのか? 大まかに説明したいと思います。

「エージェント」:
不動産業者のことを指します。ハワイで販売される不動産の情報は、原則としてMLS(Multiple Listing Service)というデータベースに一元管理されています。どのエージェントもこの情報にアクセスすることができるようになっており、どこから購入しても、それがたとえ外国人であっても価格や条件は全く同じようになっています。

「エスクロー」:
米国政府の認可を受けた会社で、売主と買主に対して中立的な立場で、契約から登記までの手続きを一貫して行います。

– 成約までの日本との違い

ハワイの不動産購入は信頼できるエージェント探しから取引の進め方としては、売り主と買い主の双方でそれぞれエージェントを立て、それぞれがオーナーの代理人として、顧客の意向に沿った売買を進めていきます。

そのため、より良い契約条件で成約するには、経験が豊かで何より信頼のおけるエージェントを選ぶことが最重要と言えるでしょう。

契約の内容が定まったあとの手続きを行うエスクローは、売主買主に代わって煩雑な事務手続きを代行してくれる存在。この費用は、売り主と買い主の双方で折半するのが通例となっています。

さらに日本と異なる点として、購入時に不動産所得税・印紙税・司法書士費用・消費税が掛からないということが挙げられます。主な費用はエスクロー費、登記料、公証人料、タイトル保険費用、書類作成料などで、概ね物件価格の0.5%~0.75%程度といったところです。

ここで言う「タイトル」とは、所有権のこと。売主が本当にその物件を所有しているか、正当性を確認し、万が一問題があった場合はタイトル保険が適用されます。例えば、成約後に買主にとって不利な事実が判明した場合、その損害額が保険から支払われることになっています。任意の保険ではありますが、ローンを組む際の条件にこの保険への加入が定められている場合が多くございます。

– ご購入の流れ

(1)ご希望物件のお問い合わせ

東急リゾートのサイトでは、オススメの物件や種別ごとの人気物件を掲載しております。ご希望の物件をお問い合わせいただきますと、当社もしくは現地の不動産エージェントより物件資料をお送り致します。ご希望にあう掲載物件がない場合は眺望や地域などのご希望条件をお聞かせください。
※ハワイ・ホノルルでの不動産売買成約期間は、20~25日と短いため、ご紹介した物件を必ずしもご検討頂けるとは限りません。ご希望にマッチした別の物件をご案内する場合もあります。

ハワイのオススメ物件情報を見る⇒

(2)物件のご見学

理想に近い物件から、具体的な別荘を選んだら実際に見学に。
その際、提携している現地のエージェントから、最終的な日程調整やご覧いただける物件をご案内いたします。内見に同行するスタッフは日本語が話せるメンバーなので、ご安心ください。

(3)お申込とご契約

購入したい物件が決まれば購入申込書を提出。売買契約と同時にエスクロー口座を開設します。

(4)エスクローに手付金を預託する

日本の手付金と同じような扱いですが、エージェントに支払うのではなくエスクローに預託する仕組みが採られています。

(5)家屋調査と追加手付金のお支払い

家屋の調査も日本では馴染みがないかもしれませんが、必要となっています。これが終了次第、追加の手付金をエスクローに支払い、登記の手続きが始まります。

(6)登記手続きと同時に残代金のお支払い

登記の手続きを進める段階になったら、残代金を支払います。そして、いよいよ物件のカギを受け取り、契約は完了。ハワイにあなただけのリゾート空間が誕生することとなります。

【東急リゾートが現地を熟知したエージェントをご紹介いたします】

ハワイでの別荘ライフを検討するなら東急リゾートにご相談くださいここにご紹介した契約の流れは、大まかなものであり、個別の事例によってさらに違いが出てくる場合があります。

とはいえ、理想の別荘オーナーになるには、何をおいてもまず日本との大きな違いである「双方の代理人(エージェント)が交渉し、エスクローという第三者機関が契約事務を行う」というところを押さえ、信頼できるエージェント選びをすることが第一歩と言えるでしょう。

商習慣が異なる海外での契約手続きは不安がつきもの。そんなときは、東急リゾートにご相談ください。信頼できるエージェントをご紹介いたします。

「海外で別荘を持つのは難しいと思っていたけれど、少し興味が湧いてきた」や「もっと詳しく手続きの流れについて知りたい」という場合は、ぜひ別荘コンシェルジュにご相談ください。
ハワイの不動産物件についてのお問い合わせ

東急リゾートでは、ハワイに別荘をご検討中の方に当地の不動産情報をご紹介するメールマガジンを発行しています。ぜひ、そちらもご参考になさってください。
ハワイの不動産情報お知らせメールに登録

※本記事の情報は、公開当時のものです。以降に内容が変更される場合があります。
物件選びチェックリスト 無料eBookをダウンロード