エリア情報

みなさま、こんにちは。
東急リゾート別荘コンシェルジュです。

新しい別荘利用のあり方をご提案し、多彩な「リゾートライフ」の楽しみ方をと提案するこのブログ。先日より、そのひとつのあり方として、「ロングステイ」について、ご紹介いたしました。

「別荘を買う」というより「借りる」に近いこのスタイルなら、「そのときに味わいたい、リゾートライフ」を実現できるのでは? とご興味をお持ち下さった方もいらっしゃるのではないでしょうか?
そこで今日は、「長野 蓼科」のロングステイ体験について、より具体的にその魅力をご案内したいと思います。

【閑静な別荘地 長野 蓼科でひとときの別荘オーナーに】

visual_summer04都会の喧噪を離れて、世の中の時間の流れとは違ったところでゆっくりと過ごしたい、と思うことは日常の中でもたびたびあるもの。特に、毎日忙しく過ごす方や、重責を担うポジションにおられる方なら、そうした時はたびたびあろうかと思います。

しかし、タイミングよく宿泊施設が取れない、手配の時間がもったいない…ということはままあること。それならば、1ヶ月単位で借りられる「マンスリー別荘」はいかがでしょうか?

別荘地として発展を遂げてきた蓼科の魅力は、エリア全体が上質な別荘空間である、ということ。森の緑に囲まれて、静かな時間を過ごすことができる、国内有数のリゾートがここにはあります。

中央 南アルプスから八ヶ岳の山並みを眺め、自然に抱かれるひととき

以前、蓼科の魅力をお伝えした記事でもご紹介した通り、国内有数の高原地帯として有名な蓼科・八ヶ岳エリアは、夏場も冷涼で晴天率の高く、湿気が少ないことで知られています。数多くの自然はもちろん、それを縫うように整備されたビーナスラインやメルヘン街道からの眺めは格別。ドライブやサイクリングで自然の匂いをたっぷりと堪能すれば、日々のしがらみや悩みも霧散していくことでしょう。

蓼科の大自然

マンスリータイプで借りられる一戸建てやマンションタイプの別荘は、その期間なら自由に利用できるので、避暑のために期間中ずっと別荘で過ごす、という利用方法だけでなく、「週末の秘密基地」としてご利用いただいたり、「時間ができたから」とふらりと訪れていただくこともできます。

その際、気になるのは生活に必要な道具類。掃除用具やキッチン周りのアイテムも必要最低限に用意されているので、生活用品一式を準備する、という手間はありません。

都内からのアクセスもよく、2〜3時間程度で現地に到着できるので、「偶然にも休みが取れた」というときに足を運べるのも魅力のひとつ。喧噪を離れて、自分自身と向き合う時間を過ごしたり、気のおけない仲間と好きなものを持ち寄ってパーティーをしたり、と利用スタイルは人それぞれです。

1度ご利用頂くと、こうしたスタイルでの別荘ライフが気に入った、とのことで毎年お申し込みくださる方もいらっしゃいます。そのため、ハイシーズンは競争率が高まりますが、その前後の時期にはまだ予約可能な物件もあり、初秋の涼やかな時期のさっそく蓼科での別荘オーナー体験をしていただくことも可能です。ご興味のある方はぜひ、お気軽にお問い合わせ下さい。

※尚、本年(2014年)につきましては受付を終了いたしました。ご了承くださいませ。

ゴルフ場1縦

他のエリアと違い、「観光目的」で訪れる方が少ない蓼科は、別荘ライフを思いっきり満喫していただくための施設も日常とは違った「あなた」が主役となる時間を持つことができるのもロングステイならでは。人生の中で、今までに気が付かなかった楽しみを見いだす瞬間を、大人だからこそ楽しめる時間の過ごし方を、ぜひ別荘でお楽しみ下さい。充実しています。

また、白樺湖・蓼科湖・諏訪湖の周辺は、美術館やレストランなどの大人が楽しめる場所も多くあります。温泉なら、武田信玄の隠し湯とも言われる蓼科温泉はおすすめ。こだわりを持って違いを楽しむ大人が羽根を伸ばす場所として、蓼科はまさに最適な場所と言えるでしょう。

 

東急リゾートおすすめ”ロングステイ物件特集”はこちらからどうぞ

ロングステイ特集

※本記事の情報は、公開当時のものです。以降に内容が変更される場合があります。
物件選びチェックリスト 無料eBookをダウンロード