まとめ記事

みなさん、こんにちは。
東急リゾート別荘コンシェルジュの大森です。

別荘選びをするにあたって、物件のタイプを選ぶことは重要なポイント。
一戸建て、リゾートマンション、リゾート会員権とそれぞれに良いところはありますが、リゾートマンションの場合、例えば次のような点が評価されるポイントとして挙げられます。

・高層階なら眺望がよいので、のびのびとした気持ちになる
・共用施設として天然温泉の大浴場があったり、ジムやプールがある
・共有部分の手入れは管理会社に任せられるから一戸建てより管理の手間がかからない

ですが、なんといっても「集合住宅なので、同じエリアで探したら一戸建てよりも販売価格が割安の場合が多い」というところに対して、エリアにこだわりをお持ちのご検討者様を中心に、選ばれる傾向があります。

リゾート地の集合住宅と住宅街のそれとの違いは?

普通のマンションとリゾートマンションって違うもの?リゾートマンションに絞って物件を検討する場合、知っておきたいのが「普通のマンションとリゾートマンションの違い」でしょう。

実は、法律上での違いはありませんが、利用のマナーや維持費、お部屋数については建物の役割が反映されているので違いが見て取れやすいでしょう。

では、どんなところに違いがあるのか? 詳しくは次の記事をご覧下さい。

普通のマンションとリゾートマンションって違うもの?▶

理想のリゾートライフを叶える要となるエリア選び

リゾートマンションで理想のリゾートライフご自身が思い描く理想のリゾートライフを実現するにあたって、どのエリアを選ぶかは悩ましい問題ですね。

例えば、「やりたいことが決まっているからエリアも何となくしぼられてくる」「こんな環境が整っている場所がいい」と挙げてみても、2-3エリア程度の候補が挙る場合も…。今から「ああ、悩ましいなぁ」と想像される方もいらっしゃるかもしれません。

そんな方にオススメなのは、「そのエリアに別荘を持つ先輩オーナーの意見を聞いてみる」ということ。ご友人などに別荘オーナーがいればベストですが、そうでない方もいらっしゃることでしょう。

そんな時には、この記事をご参考になさってください。
湯沢、房総、熱海、蓼科の4 エリアについて、その地の魅力はもちろん、実際のオーナー様がどのようなリゾートライフをお過ごしになっているかをチェックしていただけます。

リゾートマンション購入のオーナーが「そのエリアを選んだ理由」とは?▶

予算重視で選びたい! 趣味のための自分だけの空間

エリアにこだわった別荘選びならリゾートマンションが有利な場合も現役世代でも、お仕事を勇退なさった方も、男性なら特に「自分の趣味に没頭できる自分だけの空間」を持つことは憧れのひとつでしょう。
東急リゾートにご相談にいらっしゃる方の中には、そうした目的をお持ちの方も数多くいらっしゃいます。

そこで、ポイントになるのは「予算」と「エリア」。
ご自分の“お小遣い”の範囲内で、購入・維持ができる物件となると、やはりリゾートマンションが選択肢の最有力となります。そこに、ゴルフであったり釣りやスキー・スノーボードといったご趣味が堪能できるエリアを掛け合わせて検討になると…。

実際に、そのようなご相談をいただいた際のエピソードを以下の記事でご紹介しています。別荘選びで明確にしたい3つのポイントや、間取りの話のほか、オススメのエリアもご案内していますので、ぜひご参考にご高覧下さい。

予算は500万円前後!それでも持ちたい、趣味を満喫できる別荘
<ハイブリッドライフ 後編>▶

さて、ここでご紹介している記事の中で取りあげているエリア以外にも、
「購入の目安となる金額を知っておきたい」
「リゾートマンションの管理費って、どのくらいをみておけばいいのかな?」
といったギモンがあるはず。

そこで、東急リゾートでは、過去5年間に弊社が販売した全国13エリアの中古物件についての成約価格帯やボリュームゾーン、エリア別のリゾートマンション管理費の目安などをまとめたデジタルブックをご用意いたしました。

ぜひ、あなたの理想の別荘探しにお役立てください。

あのリゾートエリアでは、いくらで中古別荘が買えるの?

また、具体的に相談したいので、まずはメールで問い合わせたい、という場合は別荘コンシェルジュへのお問い合わせをご利用ください。あなたのご希望や、ご自身で気づかなかった「リゾートライフに望むこと」を丁寧にお伺いしながら、理想の別荘をご提案いたします。

別荘コンシェルジュへのご意見・ご相談はこちら

どうぞ、あなたのリゾートライフが充実したものになりますように。

※本記事の情報は、公開当時のものです。以降に内容が変更される場合があります。
物件選びチェックリスト 無料eBookをダウンロード