お役立ち情報

みなさん、こんにちは。

東急リゾート別荘コンシェルジュです。

蓼科と八ヶ岳の別荘からの風景前回のブログでは、蓼科・八ヶ岳営業所の笠原所長からエリアの魅力やこのエリアをお選びになるオーナーの特徴、「理想の別荘えらびのポイント」について紹介しました。
今回は、そんなエリアでもしも別荘を購入したら、どんな物件でどのくらいの費用になるのか、シミュレーションしてもらいました。

*         *

蓼科で別荘購入を検討している、長野さんは次のような希望を出しました。

【今回の希望条件】
予算:500〜800万円くらい
利用予定人数:夫婦と子ども1人がメインだが、時間が合えば自分の両親も招きたい
利用頻度:主に、長期の休み(GWや夏休み)。避暑が目的だが、冬場も使えるなら使いたい。
やりたいこと:子どもに自然に触れてほしい。川遊びもできるとなおよい。ウィンタースポーツが出来る場所があればもっとよいし、温泉を引き込めるならぜひそうしたい。
理想:日当りが良く、木々が多い場所
交通手段:自家用車(1台)

【オススメの物件とその理由】

東急リゾートでは、長野さんのご希望にこんなアドバイスをさせていただきました。

●全体について

3名から5名のご利用とのことでしたが、ご利用人数と一緒にお考えいただきたいのは、
何家族いらっしゃるか、といったところです。

今回の場合、ご夫婦とお子さま1人で一家族、そこにご両親がいらっしゃるとまた一家族となりますので、全員で二家族となります。そうした場合、お部屋の数といたしましては、2部屋あれば良いので、間取りは2LDKをおすすめいたします。

●ご利用シーンを想像して

お子様に「自然に触れてほしい」とのお話でしたので、川遊び・ウィンタースポーツなどを楽しむ際の拠点として、別荘を利用されるのではないかと思います。

アクティビティを存分にお楽しみいただくためにも、草刈り・バルコニーの塗装・室内の清掃・冬場の雪かき等の家の手入れが必要な一戸建ては手間と時間がかかりがちに……。そうなると、手間のかからないヴィラをお勧めします。

また、ご予算が500~800万円であれば、一戸建ての場合、築年数が古く、蓼科エリアでは傾斜地の物件が多くなります。ご両親のことも考えた場合、ヴィラの方が階段も少なく利用がしやすいでしょう。

●物件とそれに伴う諸経費について

今回ご提案した物件はヴィラ(低層マンション)タイプ(広さは53.73㎡)。売買代金650万円の物件の購入資金の総額は、約780万円となります。

内訳としては、売買代金に6,500,000円。加えて、売主様との清算金(固定資産税・賃料・別荘管理費・ヴィラ管理費・修繕積立金・汚水処理管理費・上水道基本料・LCV利用料など)、預り金等が諸費用としてかかります。

それに合わせ、弊社への仲介手数料、司法書士へ支払う登記料が必要となります。お取引完了後(約4か月後位)にその他不動産取得税がかかります。

このように、トータルでも800万円以内でご検討いただける物件をご案内できるかと思います。細かいご要望などは実際に現地にお越しいただいた上で相談できれば、と思いますので、どうぞお気軽にお越しください。

蓼科エリアの物件を見るならコチラ⇒

*         *

いかがでしたか?
物件そのものの費用だけでなく、諸経費の話題も出たことで、さらにギモンが湧いてきた、という方もいらっしゃるかもしれませんね。

特に「お金のはなし」は難しいけれど大切なこと。

そんな難しいポイントをまとめ、一覧にした「契約手続きとお金のはなし」という資料をご用意いたしました。ぜひ、参考にしてみてください。

契約手続きとお金のはなし 無料eBookをダウンロード

▲契約手続きから維持費まで、別荘にまつわるお金の不安やギモンを解決する資料
「契約手続きとお金のはなし」はこちらからダウンロードして頂けます(無料)。

理想の別荘さがしガイド 無料eBookをダウンロード

▲「理想の別荘さがしガイド」はこちらからダウンロードして頂けます(無料)。

物件選びチェックリスト 無料eBookをダウンロード

▲「物件選びチェックリスト」はこちらからダウンロードして頂けます(無料)。

※本記事の情報は、公開当時のものです。以降に内容が変更される場合があります。
物件選びチェックリスト 無料eBookをダウンロード