エリア情報 iStock-944876790

温暖な気候のゴールドコーストは、オーストラリアを代表する国際観光都市です。長期にわたって安定した経済成長を続けているうえに人口増加率も著しいことから、ゴールドコーストの不動産業界は軒並み貸手市場となっています。そのため日系企業や投資家たちの注目を集めており、海外不動産投資を考えるうえではぜひチェックしておきたい都市といえるでしょう。
そんなゴールドコーストの魅力と人気の理由を徹底解剖。2021年誕生予定の話題の大型コンドホテルについても、併せてご紹介いたします。

ビーチにカジノ。オーストラリアを代表する国際観光都市、ゴールドコースト

オーストラリアのクイーンズランド州にあるゴールドコーストは、年間1,200万人もの観光客が訪れる世界有数のリゾート地。その温暖な気候から避寒地として人気が高く、自然、マリンスポーツ、ショッピング、アミューズメントパークなど、さまざまな楽しみ方ができます。

ゴールドコーストでもっとも有名なのは、やはりサンゴでできた美しい白砂のビーチでしょう。海岸沿いに57kmも続く砂浜には世界中のサーファーたちを魅了する高波のサーフポイントや、シュノーケルやスキューバダイビングが楽しめるスポットが数多くあり、マリンスポーツがとても盛んです。また世界遺産に認定されている国立公園ではトレッキングやサイクリングなどができ、手つかずの大自然を満喫できます。さらにはゴールドコーストには南半球最大のショッピングモール「パシフィックフェア」があり、ほかにもカジノ、オーストラリア三大テーマパークなど遊ぶ場所が盛りだくさん。子供から大人まで、誰もが楽しめる都市として親しまれています。

iStock-509859756

ゴールドコーストへは、成田空港からゴールドコースト空港への直行便が就航しており、日本との時差がわずか1時間というのも嬉しいポイントです。アクセスがよく時差による体の負担も少ないので、日本から行き来しやすい都市といえるでしょう。

現在、ゴールドコースト在住の日本人は約1万人。日本人会、補習校、日本商工会、さらには日本人通訳が利用できる医療機関もあり、日本人にとって生活しやすい環境が整っています。オーストラリアは母国語が英語であり教育水準も高いことから、最近では子供を留学させるために移住するケースも増えています。

 

今ゴールドコーストがイチオシな理由とは

オーストラリアのクイーンズランド州に位置する、観光都市のゴールドコースト。経済成長著しいクイーンズランド州の中でも特に人口増加が著しく、供給不足の不動産市場であり貸手市場となっていることから不動産投資先として国内外から注目を集めているエリアです。そんなゴールドコーストが、今こそおすすめな理由。それは、急ピッチで進められている大規模な交通網の整備にあります。

クイーンズランド州最大の経済都市ブリスベンとゴールドコーストを結ぶ電車が開通したのは、1996年のこと。2000年には両都市を結ぶ無料高速道路が拡張されてアクセスがますます容易となったことで、ゴールドコーストはブリスベンの通勤圏内の都市となり、人気が高まりました。さらに2014年にはゴールドコーストに路面電車が開通し、市内の主要地間の移動しやすさもアップ。居住者にとっても観光客にとっても使いやすい公共交通機関が増えたことで、ゴールドコーストの不動産の価値にプラスの影響をもたらしました。

ゴールドコーストの交通網の整備は、国内のみにとどまりません。オーストラリアで2番目に国際便の多いブリスベン空港では、現在大規模な拡大工事を進行中。滑走路の増設、国際ターミナルの拡張などが進められており、今後も約40億ドルという莫大な予算額をつぎ込み100以上のプロジェクトが予定されています。空港従業員数も現在の2万1,000人から約5万1,000人まで増員するとしており、観光と貿易の発展、および雇用拡大が期待されています。

 

最新のコンドホテル「ザ・スターレジデンスタワー1」

そんなゴールドコーストで、今話題となっているおすすめの不動産をご紹介しましょう。その名は「ザ・スターレジデンスタワー1」。2021年の完成を予定している、最新のラグジュアリーコンドホテルです。ロケーションは、今ゴールドコーストでもっとも急速に発展しているというブロードビーチ。ゴールドコースト最大の観光スポットであるサーファーズパラダイスからトラムで約10分の距離にあり、数多くのおしゃれなカフェ、レストラン、ショップなどが並ぶトレンドスポットです。

完成予想CG

完成予想CG

「ザ・スターレジデンスタワー1」は、カジノが併設されたゴールドコースト最大の複合リゾート「ザ・スターゴールドコースト」内に位置します。「タワー」との名のとおり超高層コンドホテルであるザ・スターレジデンスタワー1は、地上53階建てで、部屋数は全423戸。気になる部屋のタイプは、1ベッドルームか2ベッド―ルームのいずれかから選択できます。20階は居住者専用のアメニティーフロアとしてプール、スパ、ジム、クッキング施設などの施設がそろっているので、朝からヨガやピラティスを楽しんだりプールでひと泳ぎしたりもできます。

コンドホテルを所有している場合、滞在中はホテルランクの高品質なサービスが受けられるという大きなメリットがあります。さらに使用していない期間はホテル側が物件を客室として運営してくれるため、管理の手間はかからないうえ、客室の売り上げの一部はオーナーに還元されます。豪ドル資産の形成できるだけでなく一定の家賃収入を得られる。それがコンドホテルならではの魅力といえるでしょう。

 

◆ ◆ ◆

多くの投資家たちの目が海外不動産に向いている現在、安定した経済成長を続けるオーストラリアは非常に魅力的なエリアです。中でもクイーンズランド州でもっとも人口増加率が高いゴールドコーストは、今イチオシのスポットといえるでしょう。海外不動産の購入を考えているなら、ぜひこの機会にゴールドコーストと最新コンドホテル「ザ・スターレジデンスタワー1」をチェックしてみてはいかがでしょうか。

ザ・スターレジデンスタワー1に関するお問い合わせはコチラ

ザ・スターレジデンスタワー1の物件概要はコチラ

東急リゾートのwebサイト内でもオーストラリア不動産情報を多数掲載しております。詳しくはこちらをご覧ください。

※本記事の情報は、公開当時のものです。以降に内容が変更される場合があります。
物件選びチェックリスト 無料eBookをダウンロード