お役立ち情報 hotel-condominium-11

ハワイと聞いて、みなさんはどのような情景をイメージされるでしょうか。フラダンスに南国ムード満点のショッピングモール、いろいろあるでしょうが、やはりハワイといえば「海」をイメージされる方が最も多いのではないかと思います。

別荘をお探しになるうえで、多くの方がこだわられるポイントのひとつに「お部屋からの眺め」があります。ハワイでもその傾向は同様で、これを受けオーシャンビュー、シティービューなど、お部屋から眺められる景色によって物件価格も異なります。海が見えるオーシャンビューの物件はハワイでも人気の物件ですが、なかでも最も人気が高いのが、視界をさえぎるもののない海の眺めを表現する「オーシャンフロント」の物件です。

ご自身が利用される時に、ハワイらしい景観を楽しむという目的に加えて、ハワイのホテルコンドミニアムは所有する客室の稼働によってペイバックの金額が変動するというのも、オーシャンフロントが人気の高い理由の一つ。

人気の南国リゾート・ハワイのなかから「オーシャンフロント」が楽しめるホテルコンドミニアムを3つご紹介します。

1. イリカイアパートメントビルディング:さえぎるもののない海とヨットハーバーを望む

海に沈む夕日とヨットハーバーという、ムードたっぷりの眺望が居室から楽しめるイリカイアパートメントビルディング。1965年築の老舗ながら、管理状態が良く、リノベーションが実施されたこともあり、手入れの行き届いた美しい状態を保っています。総戸数1,011戸と規模の大きい物件で、1階には商業施設が並ぶ利便性、ビーチや毎週花火が打ちあがるラグーンまでアクセス良好な立地も魅力です。

イリカイの眺め

イリカイアパートメントビルディングは、居室からの眺望が最大限楽しめるよう、3つのウィングから構成されるユニークな形状をしています。ヨットハーバーを見下ろす「ハーバービュー」、エメラルドグリーンのラグーンや毎週末の花火が楽しめる「ラグーンビュー」、そして街の夜景が楽しめる「シティービュー」。これら3つのビューから、オーナーの好みに合わせて選ぶこともできます。

共用施設には、温水プール、バーベキュースペース、パティオ・デッキ、レストランなどがあり、プールサイドでは日没に合わせてトーチ・セレモニーなどのイベントを開催。共用部分のリフォームに積極的なので、築年数と比べて古さを感じさせません。コンビニをはじめ各種ショップも利用可能なので、滞在中も快適に過ごせます。海へのアクセスも良く、中庭からはビーチへと続く歩道があり、その先に美しいラグーンと白いビーチが広がります。

p_ilikai_hotel_3

【物件概要】

建築年:1965年
階数:30階建て
間取り:1~2ベッドルーム
共用施設:プール、温水プール、バーベキュースペース、パティオ/デッキ、レストラン、共用ランドリー、テニスコート、フィットネスルーム、会議室、コンシェルジュ、バレーパーキングなど

2. リッツカールトン ワイキキ:オーシャンフロントの眺めと「世界のリッツカールトン」のサービスを享受する

世界的な高級ホテルブランドとして知られる「ザ・リッツカールトン」が、ワイキキに初進出しオープンした「リッツカールトン ワイキキ」。2016年完成・36階建ての「エバタワー」、2018年完成・33階建ての「ダイヤモンドヘッドタワー」という2棟から構成されるホテルコンドミニアムです。

リッツの部屋と眺め

居室は全室がオーシャンビュー、高層階は特に見晴らしがよいオーシャンフロントのお部屋も備えます。床から天井まである大開口の窓を備えており、お部屋からワイキキ中心部と海を望むという、贅沢な景色が楽しめます。スタイリッシュな内装は、高級ホテルブランドらしくハードウッドや大理石を使用。バルコニーのあるお部屋は、窓を開け放てば屋外リビングとしてシームレスに利用でき、より海を身近に感じられます。

共用施設のプールは8階にあり、ワイキキで最も高いところにあります。まるで空中に浮いているかのようなインフィニティプールとなっており、ここからも美しい海の眺めをたっぷりと楽しめます。レストランには、ハワイ初進出となる東京の有名店「すし匠」やワインバー&グルメマーケットの「ディーン&デルーカ」が出店。ほかにもホットヨガ、ジム、シアタールームや会議室等の充実した共用施設を備えています。「ザ・リッツカールトン」の名にふさわしい、ラグジュアリーなステイが楽しめるホテルコンドミニアムです。

201907762_1

【物件概要】

建築年:2016年(エバタワー)、2018年(ダイヤモンドヘッドタワー)
階数:36階建て(エバタワー)、33階建て(ダイヤモンドヘッドタワー)
間取り:スタジオ~3ベッドルーム(エバタワー)、1ベッド~3ベッドルーム(ダイヤモンドヘッドタワー)
共用施設:プール、ホットヨガ、ジム、シアタールーム、ダイニング、会議室、重役用会議室など

3. ワイキキ ビーチタワー:ワイキキビーチ一望・至近。プライベート感の高さと眺めが魅力のホテルコンドミニアム

オーシャンフロント、ビーチへのアクセスの良さ、そして広々としたお部屋を希望されるなら、ワイキキ ビーチタワーがおすすめです。1983年築、39階建てというこのホテルコンドミニアムは、その名の通り、お部屋からワイキキビーチを一望できる物件。カラカウア通りを挟んですぐビーチという優れた立地にあるため、ラナイに出れば視界いっぱいに美しい海が広がります。もちろんビーチへのアクセスも抜群で、お部屋から水着のまま歩いていくことも可能。海を眺めて、海で遊ぶ、ビーチリゾートを体現したホテルコンドミニアムといえるでしょう。

p_waikiki_beachtower_4

ワイキキ ビーチタワーの居室は、全室2ベッドルームと広々した作りになっており、加えて各フロア4室のみというプライベート感の高い造り。室内にはフルキッチンを装備しており、オーブン、食器洗い機、大型冷蔵庫が設置されているので、長期滞在にもおすすめ。まるでハワイに暮らすような快適なステイが楽しめます。

共用施設には、プール、ジム、バーベキューグリルなどがあり、一日中活動的に過ごせます。プールは一般用とお子さま用の2種類あるので、小さなお子さま連れのご家族にもぴったり。開放的なレクリエーションデッキでは、カバナでくつろいだり、バーベキューを楽しんだりとさまざまな過ごし方ができます。

p_waikiki_beachtower_3

【物件概要】

建築年:1983年
階数:39階建て
間取り:2ベッドルーム
共用施設:温水プール、子供用プール、ジェットスパ、サウナ、バーベキューグリル、ジム、ヨガルーム、テニスコート、バレーパーキングなど

◆ ◆ ◆

いかがでしたか?
今回は、世界的な人気ビーチリゾート「ハワイ」のなかでも、海の眺めが満喫できるホテルコンドミニアム3選をご紹介しました。ぜひ皆様の理想のリゾートライフ実現にお役立てください。

東急リゾートでは、このほかにもハワイのホテルコンドミニアムを多数ご紹介しております。気になる物件がございましたら、お気軽にお問合せください。

⇒ハワイエリアのホテルコンドミニアムはこちらから

※本記事の情報は、公開当時のものです。以降に内容が変更される場合があります。
リゾートさがしガイドブック集