お役立ち情報

みなさん、こんにちは。
東急ハーヴェストクラブ編集部です。

7月に入ると、夏休みはすぐそこ。ご旅行の予定を立てている、という方も多いことでしょう。東急ハーヴェストクラブでも「いよいよ夏休みがやってくるな」というムードになってきました。

東急ハーヴェストクラブ - 夏休みのためにご予約頂くコツこの時期は、東急ハーヴェストクラブの施設を利用するための予約の方法がいつもの時期とは異なったものになります。

ご利用方法について、詳しくはこちら⇒

では、この夏の実際の申込状況や、ご予約頂く際のコツは? というギモンについて、今日はご紹介したいと思います。

■ 改めて押さえておきたい「特定期間の抽選システム」について

東急ハーヴェストクラブでは、1年のうち予約が集中しやすい時期を「特定期間」として、抽選による予約受付を行っています。この抽選には、ホームグラウンド施設の会員様のみ参加することができるため、一番利用したい施設をホームグラウンドとしてお選び頂くことをオススメしています。

抽選は、過去の当落に関する情報をもとにコンピュータによって行われるので、会員様は公平に施設をご利用頂けます。抽選の仕組みについては「ハイシーズンにハーヴェストクラブを使うには? ―抽選の当選率について」で詳しく解説しておりますので、ぜひご高覧下さい。

■ 今年の夏の予約状況は?〜あなたのギモンにお答えします!

夏休みの「特定期間」は、「7月21日〜8月31日」までとなります。
(東急ハーヴェストクラブ京都鷹峯&VIALA、東急ハーヴェストクラブ箱根翡翠など一部の施設は除く)

今年、会員様が抽選の申込エントリーをした申込率は5〜56%で、施設によってばらつきがあります。ご希望通りに当選した確率は83〜100%。うち、100%ご希望に沿えたのは24施設中6施設、95%以上の当選率を加えれば16施設となりました。
申込をされた会員様の多くが、ご指定の期間にクラブライフをお楽しみ頂ける結果となりました。

現在は、2ヶ月先まで追加予約を受け付けている最中です。予約状況を見てみると、7月末から8月初旬や8月後半についてもホームグラウンドの会員様は追加でのご予約が可能で、夏に人気の高い東急ハーヴェストクラブ熱海伊豆山や、勝浦などでも追加でのご予約を受付中です。また、東急ハーヴェストクラブ那須や、伊東、山中湖をはじめ、関西では有馬や南紀田辺など多くの相互利用施設の予約も可能となっています*
(*予約状況については6月末の情報を参考にしております。あらかじめご了承下さい)

– ホームグラウンド以外の施設も利用できる!?

さて、先述の説明をお読み頂いて、「相互利用でも特定期間に施設を利用することができるの?」というギモンが浮かんでくるかと思います。

特定期間の抽選はホームグラウンドの会員様で行われますが、その会員様の抽選が終わった後、空き室がある場合は相互利用をご希望の会員様も予約をすることができます。

お申込は、会報誌やホームページなどで告知される一斉受付開始日から、電話、ホームページにて受け付けております。特に、夏季特定期間は期間が長いため、相互利用でも予約が取れるチャンスがありますので、要チェックです!

■「こんな場合はどうしたら当選しやすい?」抽選のコツを大公開!

– 大人数で利用したい!

夏休みを利用して、家族三世代で集まろう、と東急ハーヴェストクラブをご利用になる会員様は多くいらっしゃいます。一方、大人数のため、広い部屋を予約しないといけないけれど、部屋数が多くないから当選確率が落ちてしまうのでは? とのご心配もあろうかと思います。
そんなときは、客室数が多い「3-4名用のお部屋を2部屋」予約する、という方法もオススメしています。

– 連泊して、じっくりゆっくりリラックス!

せっかくの夏休みなので、ゆっくり羽根を伸ばしたいから5-6日くらい、ホテルの上質な雰囲気の中で過ごしたい、また、こんな時こそ大人数で2部屋3泊で利用したい、という方もいらっしゃいます。

そんな時は、お泊まりのご希望の日程の中で1番混み合う日程、例えばお盆にかかる日程や土日などを抽選で申し込んでおくのがコツです。当選後、前後の空き日程を「追加予約する」ことで、連泊が可能になります。
※申込の際には、前後の空き状況も十分ご確認下さい。

■ 抽選で改めて分かる、ホームグラウンドの“メリット”

お盆や年末年始などはどの施設もホームグラウンドの会員様のご利用で予約は埋まりがち。そのため、混み合う施設や時期に「ここを利用したい」と思うお気に入りの施設をホームグラウンドとすることで、理想のリゾートライフを満喫する、という方法がホームグラウンド選びのコツとして挙げられます。

また、施設によっては、7月中やお盆過ぎから予約状況に若干の余裕が出てくるところもあります。そうした日程を選んで申込み、リゾートライフを楽しむという方法もあります。 ぜひ、ご参考になさってくださいね。

■ お孫さまも大喜び!夏を満喫できる施設は?

予約について少しでもご参考になれば嬉しいのですが、一方で「じゃあ、24カ所の施設の中でオススメは?」という声も聞こえてきそうですね。
そこで、大人もお孫さまも楽しめる施設3カ所をご紹介したいと思います。

– 東急ハーヴェストクラブ熱海伊豆山なら、
海水浴と夜空いっぱいの花火が楽しめる!

「東急ハーヴェストクラブ 熱海伊豆山」花火大会美しい海の碧と山の緑に抱かれた「東急ハーヴェストクラブ 熱海伊豆山」は、雄大な相模湾が眺められる、開放感あふれる場所。日本三大古泉「走り湯」と、敷地内源泉の2つの温泉が楽しめるとあって、日常の喧噪から離れ、ゆったりとした時間を過ごせます。

夏休みの間はお孫さまを連れた会員様が、海水浴に出かけたり屋外プールを楽しんだり、と賑わいを見せます。大輪の花が夜空を彩る打ち上げ花火大会は、ぜひご覧いただきたいイベントです!

東急ハーヴェストクラブ 熱海伊豆山について詳しくはこちらから⇒

– 東急ハーヴェストクラブ勝浦で、海に、プールに、BBQ!
南房総の大自然に抱かれて夏を思いっきり楽しもう

南国のリゾート地を思わせる「東急ハーヴェストクラブ勝浦」雄大な太平洋を見晴らす「東急ハーヴェストクラブ勝浦」は、ヤシの木が南国のリゾート地を思わせるような場所。美しい海岸線がつづく勝浦の高台に建つリゾートホテルです。

夏休みのお子さまには、屋外プールやテニスコートが。大人には、紺碧の太平洋を望むゴルフ場がオススメです。レストランもございますが、この時期ならプールサイドバーベキューでワイワイ盛り上がるのがオススメですよ!

東急ハーヴェストクラブ勝浦について詳しくはこちらから⇒

– 高原リゾートの東急ハーヴェストクラブ蓼科で、
涼しい風に吹かれて豊かな自然を満喫!

避暑に最適な「東急ハーヴェストクラブ蓼科」夏休みの楽しみは、高原リゾートも外せませんね。「東急ハーヴェストクラブ蓼科」は、避暑目的で訪れるには最適の場所。

少し遊歩道を歩けば小鳥のさえずりや小川のせせらぎが心を癒してくれることでしょう。お孫さまとバードウォッチングをしたり、虫取りをしたり、都会ではできないような体験ができるところも魅力のひとつ。八ヶ岳や南アルプスの山々を眺めながら、新鮮な空気を味わってみてはいかがでしょうか?

東急ハーヴェストクラブ蓼科について詳しくはこちらから⇒

普段はご夫婦で気軽に旅行気分で国内24カ所の施設の中で気になる場所を訪れている、という会員様の中には、「孫と一緒に過ごす夏休みのために、孫が楽しめる施設をホームグラウンドにしている」という方もいらっしゃいます。

小さなお子さまにとって、日常とは違う環境で得た経験はかけがえのない思い出として心に残るはず。そんな思い出を、一緒に作ってみるのはいかがでしょうか?

東急ハーヴェストクラブについてもっと詳しく知りたい、という方には、ただ今「東急ハーヴェストクラブ丸わかりハンドブック」を無料でプレゼントしています。ぜひ、ご検討の参考に、お手元でご活用ください。東急ハーヴェストクラブ丸わかりハンドブック
カタログもほしいけれど、「まずはスタッフに質問したい」など、ハーヴェストクラブへの入会に関するご相談などは以下のお電話からもお受けしております。個別相談会のご予約も承っておりますので、どうぞ遠慮なくお問い合わせください。東急ハーヴェストクラブへのお問い合わせ、ご相談はこちら

「夏休みなどにリゾートライフを楽しむ方法」だけでなく、季節ごとのクラブライフの楽しみ方などを手軽に知りたい! という方には、ブログでお伝えしている情報をおまとめしたメールマガジンの配信も行っております。

※本記事の情報は、公開当時のものです。以降に内容が変更される場合があります。
リゾートさがしガイドブック集