楽しみ方

日本各地の代表的なリゾートエリアに広がる東急ハーヴェストクラブ。その中でも、季節を問わず人気が高いリゾートといえば、やはり軽井沢です。根強い人気を誇る「東急ハーヴェストクラブ旧軽井沢・旧軽井沢アネックス」はもちろん、待望の新施設「東急ハーヴェストクラブ軽井沢&VIALA」も、新規募集が予想を上回るペースで進みこの9月には完売になるほど! 今後は仲介としての取引が始まる予定です。

同じ軽井沢にある2つの施設ですが、どちらも利用されたという会員様の多くが「特徴がまったく違っていて、軽井沢の多彩な魅力を感じた」とおっしゃっていました。 また、ハーヴェストクラブのご入会をお考えの方でも、「ホームグラウンドは軽井沢にしたいんだけど、どちらの施設が自分たちに合っているかな」と悩まれるケースは多いそうです。

そこで、今回は「東急ハーヴェストクラブ軽井沢&VIALA」と「東急ハーヴェストクラブ旧軽井沢・旧軽井沢アネックス」のそれぞれの特徴について、ご紹介したいと思います。

塩沢エリアと旧軽井沢エリア、それぞれの魅力を凝縮


まずは、それぞれの施設の概要について、あらためてお伝えしたいと思います。

東急ハーヴェストクラブ軽井沢&VIALA」は、軽井沢の中でも注目の塩沢エリアに2018年7月20日に開業した一番新しい施設です。5ヘクタール超の広大な敷地の中にはセンター棟を中心に、ハーヴェスト棟とVIALA棟ほか、ペット棟やスパ棟などが並んでいます。各棟に囲まれたように広がる「グリーンフィールド」から先には浅間山のひときわ雄大な風景が…。

軽井沢&VIALAグリーンフィールド

施設に隣接し、文化・芸術・園芸・自然に親しむことができる「軽井沢タリアセン」ほか、ウィンタースポーツを一年中楽しめる「風越公園」での特別な体験、地物野菜や特産品が手に入る「発地市庭」など、周辺には幅広い年齢の方が一緒になって楽しめる施設も充実しています。

軽井沢タリアセン

JR「軽井沢」から約5km(車で約8分)。車でもI.C.からおよそ10kmと、車でも電車でもアクセスは良好です。駅から施設までを結ぶ路線バス「西武観光バス 急行 塩沢湖線」もご利用いただけます。

ここには、「軽井沢」の愉しみ方を変える、新たな歓びが詰まっていると言えるでしょう。

軽井沢&VIALAラウンジからグリーンフィールド

東急ハーヴェストクラブ旧軽井沢・旧軽井沢アネックス」は、伝統あるリゾート地・軽井沢の四季を感じながら、上質な設えとゆとりある空間で心から寛ぐことができる施設です。

2001年7月18日に開業して以来、多くの会員様に愛されてきた理由をひと言で表すなら「静と動」。ショッピングエリアほか多くのひとが集う軽井沢の観光名所にほど近いながら、施設に一歩足を踏み入れると自然の息吹、開放感、なにより格調高い雰囲気に満ちた空間が広がり、思い描いた軽井沢でのリゾートライフが現実になった、という気持ちを引き立ててくれます。

東急ハーヴェストクラブ旧軽井沢エントランス

車ならI.C.から約12km、JR「軽井沢駅」からは徒歩約12分というアクセスの良さもこの施設の特徴。駅からの道のりの途中には、世界的な演奏家の評価も高い大賀ホールと、ホールに隣接する矢崎公園が。春の桜、秋の紅葉、クリスマスシーズンのイルミネーションが目を楽しませてくれます。

旧軽井沢の中庭

ここは、日本のリゾート地の代名詞とも言える「軽井沢」を満喫できる場所、と言えます。

大人数で訪れてものびのびと寛げる客室、おいしいひと時を愉しむレストラン


東急ハーヴェストクラブ軽井沢&VIALA」も「東急ハーヴェストクラブ旧軽井沢・旧軽井沢アネックス」も他の施設同様、ここで過ごすひと時はのんびりと開放的に、という願いが込められています。それを顕著にあらわしているのがプライベートスペースである客室と共用施設の設えです。

たとえば「東急ハーヴェストクラブ軽井沢&VIALA」のハーヴェストクラブは、様々なシチュエーションに応じて快適にお過ごしいただけるよう全16タイプを用意。ツインタイプのお部屋が40㎡以上と、広めに作られているのが特徴のひとつ。お二人でもゆっくりお寛ぎいただけます。

東急ハーヴェストクラブ軽井沢&VIALA(ツイン)

また、VIALAシリーズは、全室バイブラバス付の10タイプをご用意。ガーデンルーム「コンサバトリー」付きのタイプや100㎡を超えるスイートタイプなど、特別なひと時をお過ごしいただくのにふさわしい空間になっています。

VIALAシリーズ コンサバトリー付きのお部屋

大人数でお越しになるなら特に、「時間を気にすることなくゆっくりと施設内のレストランでディナータイムを過ごしたい」とお考えになることでしょう。そんなご希望にお応えするべく、ここには3つのレストランが。

雄大な浅間山を眺めながら朝食を愉しむ「カジュアルダイニング〈asama dining〉」、落ち着きと開放感を合わせ持つファインダイニング〈maison de forêt〉」、そして、窓の外に広がる庭園の四季を愛でる「和ダイニング〈新樹〉」では、シェフが腕によりをかけた美味なるひと皿で、訪れたみなさまの口福な時間に彩りを添えています。

「東急ハーヴェストクラブ軽井沢&VIALA」のカジュアルダイニング

東急ハーヴェストクラブ軽井沢&VIALAのファンダイニング「メゾン・ド・フォレ(Maison de Forêt)」

軽井沢&VIALA「和ダイニング (新樹)」

東急ハーヴェストクラブ旧軽井沢」も、ツインにスタンダード 、ファミリータイプにペット対応ルームなど15タイプをご用意。すべての客室の窓は大きく設計されており、森の緑と清涼な空気を間近に感じていただけます。旧軽井沢には室内に段差を設けたスキップフロアの客室があるのも特徴です。
窓際の椅子に腰掛けて外をただぼんやりと眺め風に揺れる木々の音に耳を傾ければ、それだけで特別な時間になることうけあいです。

東急ハーヴェストクラブ旧軽井沢アネックス」はアネックス館に8タイプ26室をご用意。全室広めのバスルームがあるのが特徴です。
※「東急ハーヴェストクラブ旧軽井沢」および「東急ハーヴェストクラブ旧軽井沢アネックス」の会員はお互いの施設をホームグラウンド施設と同様にご利用いただけます。(特定期間の抽選を除く)

旧軽井沢(客室・ツイン)

旧軽井沢(客室・スキップフロア)

客室で静かな時間を過ごすもよし、ご夫婦やご家族、ご友人同士でおしゃべりに花を咲かせるのもよし。時間がゆっくりと流れる空間で過ごしていると、あっという間にディナータイムになっている、なんてことも。その安らいだ気持ちのままで軽井沢の美食を味わうなら、施設内の2つのレストランをご利用ください。

旧軽井沢レストラン「ア ヴァン」

旧軽井沢カジュアルレストラン 「彩」

和会席とフレンチを組み合わせてお召し上がり頂けるコース中心のレストラン「アヴァン」も、ビュッフェスタイルで地元信州食材を中心に和食と洋食に舌鼓をうつカジュアルレストラン 「彩」も、時間を気にせずにひと口ごとに広がる味の豊かさをご堪能いただけることでしょう。

「旅行の楽しみは温泉」という方も納得の天然温泉


旅行の楽しみのひとつに「温泉」を挙げる方は多いでしょう。一方で、「軽井沢への旅行で温泉…?」と感じる方もいらっしゃるかもしれません。
しかし、「東急ハーヴェストクラブ軽井沢&VIALA」も「東急ハーヴェストクラブ旧軽井沢・旧軽井沢アネックス」も、大浴場の一部は、神経痛・筋肉痛・関節痛・五十肩・冷え・うちみ・疲労回復に効能がある「小瀬温泉」が、運び湯で引湯されています。

ただ、同じ温泉を引湯していても、空間が演出する雰囲気によって気分はガラリと変わるはず。

東急ハーヴェストクラブ軽井沢&VIALA」では、ひときわ浅間山の眺望が満喫できる「眺望風呂」をはじめ、内風呂や露天風呂、サウナやスパなど、多彩なリラクゼーションが。

軽井沢&VIALA「眺望風呂」

軽井沢&VIALA内風呂

東急ハーヴェストクラブ旧軽井沢・旧軽井沢アネックス」は、移りゆく季節が映える中庭の眺めが美しい露天風呂で、日々の疲れを癒やし、リフレッシュできるようにデザインされています。

旧軽井沢大浴場

旧軽井沢露天風呂

いずれもバリアフリー設計の家族風呂がございますので、小さなお子様連れでの宿泊で「お風呂ではしゃいで周りのひとに迷惑をかけたりしないかな?」というご心配も少ないでしょう。ゆったりとお湯に浸かった後は、まったりと湯上がりラウンジ・テラスでのクールダウンもオススメです。

愉しみは「内」にも広がっている


日本を代表するリゾート地・軽井沢だからこそ、「何度も訪れたから観光はもういいかな? それより、ホテルの中でゆっくりしたい」とお考えになる方も多いようです。 そんな声にお応えして、両施設には何もせず贅沢な時間を堪能するにふさわしい場所をご用意しました。

東急ハーヴェストクラブ軽井沢&VIALA」なら、緑の風景や雪景色といった軽井沢の四季を愛でる屋内プールやグリーンフィールドを眼下に見るライブラリーで読書をするも良し、自動ワインサーバーによるセルフサービスで様々なワインを気軽にお楽しみいただける「ワインサロン」で大人だからこそ味わえる心地よい時間に浸るのもいいですね。

東急ハーヴェストクラブ軽井沢&VIALA 吹き抜け2階部分にせり出したライブラリー

軽井沢&VIALA「フインサロン」

東急ハーヴェストクラブ旧軽井沢・旧軽井沢アネックス」でなら、は森の景色を楽しみながら心と体をリラックスさせる室内温水プールや、ラウンジロビーでソファーにずっしりと身を預けくつろぐなんていかがでしょうか?

旧軽井沢プール

旧軽井沢ラウンジロビー

満ち足りたひと時を記憶に、写真に留めるなら?


慌ただしい日常を離れ何ものにも代えがたい時間を過ごした思い出は、人生の宝物。そんなひと時を写真に残しておけば、そのひと時を振り返ってホッとすることもできるはずですね。そのきっかけとなる一枚を撮影するなら、施設のなかでもシンボリックな場所で撮りたいものです。

東急ハーヴェストクラブ軽井沢&VIALA」なら、やはりグリーンフィールドに立って、その先に浅間山を望むこの景色を背景に。

グリーンフィールドから浅間山

東急ハーヴェストクラブ旧軽井沢・旧軽井沢アネックス」のラウンジロビーや中庭なら、軽井沢らしい絵になることでしょう。

東急ハーヴェストクラブ旧軽井沢

フロントにお声がけいただければスタッフが撮影係をつとめますのでどうぞお気軽にお声がけください。

施設を訪れる前に、動画で“体感”してみませんか?


今回ご紹介した「東急ハーヴェストクラブ軽井沢&VIALA」も「東急ハーヴェストクラブ旧軽井沢・旧軽井沢アネックス」も、まだまだ伝えきれない魅力がたくさんございます。「どんな場所なのか、もう少し知りたい」というご要望を受けて、施設の魅力を凝縮してご紹介する動画もございます。これをご覧になって、施設を訪れる前に「予習」してみるなんていかがでしょうか?

「東急ハーヴェストクラブ軽井沢&VIALA」

「東急ハーヴェストクラブ旧軽井沢・旧軽井沢アネックス」

あなただけが知る新たな魅力を探して、「何度でも訪れたい軽井沢」に


東急ハーヴェストクラブ編集部では、「東急ハーヴェストクラブ軽井沢&VIALA」を訪れるならアクティブにカラダを動かしたり、逆に施設でゆっくり過ごすリゾートライフを。「東急ハーヴェストクラブ旧軽井沢・旧軽井沢アネックス」でなら、周辺を散策したり、旧軽井沢銀座などのショッピングエリアでお買い物を楽しんだり、といった過ごし方をお伝えしてきました。

ただし、これはほんの一例。施設内の楽しみ方は、お一人おひとりの感性や想像力によって無限に広がるものです。
ぜひ、実際に「東急ハーヴェストクラブ軽井沢&VIALA」や「東急ハーヴェストクラブ旧軽井沢・旧軽井沢アネックス」を訪れたり、2施設を連泊したりして、「これまで知らなかった軽井沢の魅力や可能性」をあなたの目で見付けてみてくださいね。

ハーヴェストクラブのご入会を軽井沢エリアでご検討されている方、2施設でお悩みの方はぜひ現地のご見学をおすすめいたします。事前にご予約いただければスタッフがご案内いたしますので、ぜひお問い合わせください。

info-banner-HVC
info-tel-HVC

このほか、東京本社をはじめ営業所では、軽井沢エリアを含む東急ハーヴェストクラブの施設についてご案内するなど、テーマ別の説明会を開催しています。また、ご検討中に浮かんだ疑問にお答えする個別相談会も受け付けておりますので、ぜひこの機会にご利用ください。

※本記事の情報は、公開当時のものです。以降に内容が変更される場合があります。
リゾートさがしガイドブック集