お役立ち情報

みなさん、こんにちは。
リゾートSTYLE編集部です。

東南アジアのフィリピンは、安定した経済成長と長期的な成長が見込める人口構成に支えられ、近年は不動産価格が上昇し続けています。そのため利用目的だけではなく、利回りや売却時の利益を目的とした投資志向のお客様にもご興味をいただいているエリアです。

そこで今回は、実際にフィリピンの不動産を購入したら、どんな物件でどのくらいの費用になるのか、あるお客様の実例をもとにご紹介します。
日本国内だけでなく、海外への資産分散・不動産投資を始めたいという方にもおすすめのエリアでございますので、興味をお持ちの方はぜひご覧ください。

今回、フィリピンの物件購入を検討されているのは加藤様(仮名)です。加藤様の希望条件から、以下のような物件をご紹介させていただきました。

【今回の希望条件】

・予算:2,000万円程度
※外貨への資産分散及び投資を始めようとしており、今回はある程度抑えた金額の物件で検討したい。
ある程度の利回りで、外貨での資産形成したい。将来的な売却益が得られるならなおよい。
・取得目的:投資が主目的だが、少し利用するかもしれない。

【おすすめの物件とその理由】

●全体について

海外不動産への投資を始めたいという加藤様が注目された国が、フィリピンでした。
フィリピンは堅実な経済成長を続けており、東南アジアでも注目度が高い国です。首都のマニラを中心として都市の開発も続いており、不動産の売買価格、賃料も年々上昇を続けています。

加えて、上昇傾向にありながら、物件価格は日本や他の海外諸国に比べてまだまだ安価です。そのため、まずは金額を抑えて投資したいという加藤様にはピッタリです。

確実なことは言えませんが、将来的には賃料が上がることで利回りが良くなったり、不動産価格が上昇することで、購入時よりも高い価格で売却することができるかもしれません。
これらのことからフィリピン不動産を検討するようになった加藤様に、東急リゾートは次の物件をご紹介しました。

●おすすめの物件

Mactan Belmont Luxury Hotel(マクタン ベルモント ラグジュアリーホテル)

Mactan-Belmont-Luxury-Hotel-Facade-1

フィリピンの中でも、加藤様におすすめした物件が、「マクタン ベルモント ラグジュアリーホテル」です。
この物件は、ホテルの一室を購入し、自分が利用しない日をホテルの客室として提供することで賃料収入を得るという、ホテルコンドミニアムです。

ホテルとしての維持管理や運営に費用が必要なため、一般的にコンドミニアム(マンション)を購入して賃貸に出した場合と比較すると、利回りという点では少なくなります。

メリットとしては、物件を購入後にホテルの運営会社に業務委託を行うので、ほとんど管理の手間が必要ないということです。通常投資物件であれば、管理会社に委託するとしても、部屋の修繕や入居者トラブルなど、突発的な事態に対応する必要があります。
しかしホテルコンドミニアムであれば、部屋の維持管理、宿泊者への対応、稼働率の改善等はホテルの運営が行うため、そういった心配はありません。

そしてこの物件は、マクタン島のマクタンニュータウンにて建設予定です。
マクタン島はセブ島と橋でつながるリゾート地で、セブ島はホテルの供給量が少ないことから、80%以上の稼働率となっています。旅行者も2019年まで継続して上昇しており、通年型リゾートとして高い人気にあります。そのため、セブ島と直結するマクタン島のこの物件も、2022年の竣工後の安定した稼働率に期待が持てる物件になります。

初めての海外投資ということで、まずは実際にマーケットの動向を把握しながら、ローリスクで投資を始める、という点にご納得を頂き、加藤様はこの物件を購入されることにしました。

エージェントを通じて交渉したところ、物件価格は4,228,000フィリピンペソでした。
物件購入の支払いはすべてフィリピンペソで行うため、為替の相場を見ながら必要なタイミングで用意しておくことが必要です。

「マクタン ベルモント ラグジュアリーホテル」はプレビルド物件だったため、まずは購入の予約金を支払い、2022年の竣工・引渡しまでの支払いスケジュールを決める必要がありました。

ここで加藤様は
・申し込み時に手付金として30パーセント
・残代金及び家具代は竣工年度の2022年度に支払う
というスケジュールで決定しました。
※この他にも残代金の一部を竣工年度までに月々支払い等設定することができます。

それでは実際に必要になった費用と、支払い等のスケジュールを見ていきましょう。
※1フィリピン・ペソ(PHP) =  2.2 円(2020年11月17日時点)で換算

●購入時に必要な費用について

物件価格:4,228,000フィリピンペソ/9,301,600円
購入総額:6,891,281.25フィリピンペソ/15,160,819円

【内訳】

項目 金額 支払いの時期等
予約金 25,000フィリピンペソ/
55,000円
物件購入の予約時に支払い、物件価格に充当
⼿付⾦ 1,298,000フィリピンペソ/ 2,855,600円 物件価格(予約金除く)の30%、申し込み後30日以内に支払い
残代金 2,905,000フィリピンペソ/6,391,000円 物件価格(予約金除く)の70%、竣工年度の2022年度に支払い
家具代金 1,640,625フィリピンペソ/3,609,375円 竣工年度の20220年度に支払い
消費税 721,875フィリピンペソ/1,588,125円 竣工年度の2022年度に支払い、物件価格+家具代金の12%
登記費用等 300,781.25フィリピンペソ/661,719円 物件価格に対して5%の想定、引渡し時に支払い

フィリピンで新築・プレビルド物件を購入する場合、すべての費用はディベロッパー宛てに支払います。
先にも記載しましたが、日本と異なる点として、プレビルド物件の場合は、竣工・引渡しまでの支払いスケジュールを決めて支払いを行う、という形になります。

今回の加藤様のようにシンプルな形にするのか、月々の支払いにして残代金時の負担を減らすのか、皆さまのご都合に合わせて検討してみてください。

また、この費用の他に、その物件の専属でないエージェントを経由して物件を購入する場合、エージェントへの手数料が別途必要になります。この金額に関してはエージェントごとに異なりますので、この点も含めてエージェント選びにはご注意ください。
※本ページのいかなる内容も、運用成果または投資収益を示唆あるいは将来の成果を保証するものではございません。


いかがでしたでしょうか?
今回はフィリピン不動産購入時のお金の話をご紹介させていただきました。
家具代金が別途必要、支払いスケジュールを選択するなど、日本と異なる点もございましたが、イメージはお持ちいただけましたでしょうか?

東急リゾートでは、フィリピンをはじめとして東南アジアの不動産を取り扱う専門エージェントをご紹介しております。また、そのエージェント推薦の物件も皆様にご紹介しておりますので、ご興味をお持ちの方はぜひご覧ください。

 

フィリピン不動産の物件紹介ページはこちら

※本記事の情報は、公開当時のものです。以降に内容が変更される場合があります。

関連記事

リゾートさがしガイドブック集