お役立ち情報

みなさん、こんにちは。
東急ハーヴェストクラブ編集部です。

箱根の景色やっと暑さも落ち着き、秋らしくなりましたね。気持ちの良い秋空の中、紅葉を愛でたり、観光を楽しんだり、出かけたくなるものです。

加えて、ゆったりと温泉に浸かり、心もカラダも解けるような至福の時間を堪能するにも良い季節となりました。

今回は、箱根エリアの東急ハーヴェストクラブ3施設の温泉について、「東急ハーヴェストクラブ箱根明神平」のフロントスタッフで温泉マイスターでもある成嶋の「温泉浴指南とまめ知識」とともにご紹介します。

東急ハーヴェストクラブ箱根明神平フロント 成嶋修東急ハーヴェストクラブ箱根明神平フロント
成嶋 修(なるしま おさむ)静岡県熱海市出身。
趣味の温泉好きが高じて2008年に静岡県認定の温泉マイスターの資格を取得。
その後温泉入浴指導員の資格も取得している。
休みの日は箱根周辺の温泉巡りを欠かさないほど。

箱根の温泉の歴史
〜古くから愛されてきたその理由

大涌谷の温泉

 

今ではすっかり観光地や別荘地といったイメージが定着した箱根ですが、古くから「湯治場」として旅人や歴史上の人物などを癒してきた場所でもあります。

江戸時代に東海道が整備される以前は、湯坂道が箱根山越えのメインルートとされており、その街道沿いには、湯本、芦之湯といった温泉場がありました。
さらに、七湯道沿いに、堂ヶ島、宮ノ下、底倉、木賀、塔之澤がひっそりと佇んでいたそうです。「山越えする人たちにとって、この温泉はきっとなくてはならない“休息の場所”だったのでしょう」と成嶋。

これらが箱根七湯として広く知られるようになったのは、三代将軍の家光の時代のことだそうです。
徳川家康が熱海温泉から献上湯を取り寄せたことは有名ですが、家光の時代には箱根七湯のひとつ「木賀温泉」から献上湯が行われるようになり、その後、湯本や塔之澤、宮ノ下などでも献上湯が行われるようになりました。それが、江戸や沿道の人々へと広まり、箱根温泉の名前が知られるようになったというわけです。
この地を日本屈指の温泉地として知らしめたのは、徳川家のおかげとも言えそうですね。

さらに明治時代になると、外国人向けのリゾートホテルが登場。
やがて日本人実業家たちが箱根に次々と別荘地を構えたことで、さらに温泉地として発展を遂げていくことになります。

現在では箱根十七湯と呼ばれるほど多くの温泉が掘削され、多くの人々が日々箱根の湯を訪れています。

温泉マイスター曰く「箱根は温泉天国」

箱根という限られたエリアの中に20種類に及ぶ泉質の異なる温泉を楽しめるのが箱根の魅力。そんな環境について成嶋は、「温泉天国と呼ぶにふさわしい場所」と表現します。

「単純泉や塩化物泉、硫黄泉など、一般的に知られた泉質はほとんど箱根にあると言ってよいでしょう。そんな全国的にも希有な箱根の温泉地を『温泉のデパート』と表現する人もいるほどです」と、成嶋。

箱根の温泉が多くの人々に深く愛されているのもうなづけますね。

箱根エリアの東急ハーヴェストクラブ3施設〜その温泉の魅力は?

現在、箱根エリアには3施設あり、施設の雰囲気も温泉もそれぞれ特徴や趣が異なります。
各施設の特徴をご紹介していきましょう。

最上階に位置し、箱根の四季を味わう〜東急ハーヴェストクラブ箱根甲子園

東急ハーヴェストクラブ箱根甲子園

東急ハーヴェストクラブ箱根甲子園

箱根の自然に抱かれた湯のリゾート「東急ハーヴェストクラブ箱根甲子園」。箱根外輪山や仙石原のススキを望む「池に浮かぶように佇む」リゾートです。

充実した共用施設と19タイプのバリエーション豊かな客室をご用意。ご夫婦をはじめ、三世代やグループ、ペットと一緒のご利用にもおすすめです。また、ペットも温泉が楽しめる「ペット専用温泉」もご用意しています。

「やまなみの湯」

温泉マイスターの「ここがオススメ」

東急ハーヴェストクラブ箱根甲子園」では、新姥子温泉を引き湯した無色透明の単純温泉で、泉質は弱酸性、低張性、高温泉。優しいお湯なので、老若男女にオススメです。

寝湯やジャグジーなどの変わり湯もあるので、ファミリーで温泉タイムをお楽しみいただけることでしょう。

全39室。落ち着いた佇まい〜東急ハーヴェストクラブ箱根明神平

東急ハーヴェストクラブ箱根明神平

東急ハーヴェストクラブ箱根明神平

歴史ある東急箱根明神平の別荘地内に佇む「東急ハーヴェストクラブ箱根明神平」。
早雲山や明星が岳を見渡し、箱根の森に包まれるようなロケーションは「別邸」と呼ぶのにふさわしいホテルです。

全39室のゲストルームには、温泉大浴場と同じ温泉を引湯した露天風呂付きのお部屋もご用意しております。

myoujindai04

「山桜の湯」

温泉マイスターの「ここがオススメ」

源泉が近い「東急ハーヴェストクラブ箱根明神平」。その特徴は何と言っても「温泉の鮮度の良さ」です。泉質は、単純温泉、アルカリ性低張性温泉(カルシウム ナトリウム塩化物 硫酸塩泉)。

単純温泉といっても様々な成分を少しずつ含んでおり、湯温を40℃ぐらいに設定しているので、長い時間ゆっくりと浸かれ、入浴しやすい温泉です。

ゆとりある、寛ぎの空間〜東急ハーヴェストクラブVIALA箱根翡翠

東急ハーヴェストクラブVIALA箱根翡翠

東急ハーヴェストクラブVIALA箱根翡翠

約三千坪の広大な敷地に池を囲むように建つ「東急ハーヴェストクラブVIALA箱根翡翠」。
箱根外輪山の稜線を望み、清流「早川」のほとりに佇んでいます。約半数のお部屋には温泉露天風呂を設置。大人の上質な寛ぎを堪能いただけることでしょう。

温泉マイスターの「ここがオススメ」

東急ハーヴェストクラブVIALA箱根翡翠」では、大浴場でにごり湯と無色透明の湯、2つの温泉を楽しめます。

「たまゆら」

まず、露天風呂は、大涌谷温泉から引湯しており、酸性、カルシウム、硫酸塩・塩化物温泉でにごり湯が特徴。

他方、内湯は新姥子温泉から引き湯した無色透明の単純温泉。その泉質は弱酸性・低張性・高温泉で、さらりとした肌触りで湯あたりしにくいのがオススメポイントです。

このように、3つの施設それぞれに異なる泉質を堪能できるのは「温泉天国 箱根」の最大の魅力。施設ごとに設えや眺望、趣が異なるので、3施設を巡り、それぞれの良さを体感していただければと思います。

知っておきたい、温泉まめ知識

ここで温泉マイスター成嶋の「温泉をより満喫するためのまめ知識」をご紹介したいと思います。

その1:正しい温泉入浴方法とは?

%e6%b8%a9%e6%b3%89%e3%83%9e%e3%82%a4%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%83%bc%e3%81%ae%e6%b8%a9%e6%b3%89%e3%81%be%e3%82%81%e7%9f%a5%e8%ad%98

 

入浴時の温度差は体に大きな負担をかけてしまうもの。湯船に浸かる前や体を洗う際には、足→腕→お腹→肩の順でかかり湯やシャワーをかけるようにしましょう。

また、内湯に先に入って体を温めてから露天風呂に行く、という流れがオススメです。特に冬場は温度差が激しくなるので、さらにご注意ください。

その2:温泉地での過ごし方

「ホテルに着いたらすぐに温泉に入りたい!」という方も多いかもしれませんが、お部屋で1時間くらい休憩を。その間に水分補給をし、「入浴の準備」をするのが良いでしょう。食事の後に入浴する時も1時間程度休んでから入るのがオススメです。

また、温泉で体が温まり代謝がアップした湯上りは、マッサージを。こりもほぐれやすく体も軽くなります。

その3:泉質とは?

温泉には「温泉分析書」というものがあり、そこには泉質についての詳しい記載があります。すべてを知るのは大変ですが、女性なら「遊離成分」の項目に記載されている「メタケイ酸」の値に注目してみてください。
この数値が高いほど、“美人の湯”と言われています。

「箱根のほか、各地の温泉を愉しむ際にも、参考にしていただければと思います」と成嶋。

いかがでしたでしょうか?
「温泉天国 箱根」で、心からの安らぎと寛ぎを満喫していただければと思います。

「箱根の3施設のどれが自分のクラブライフに合うのか?」「実際に足を運んでみたいけれどその前に雰囲気を知りたい」という方は、まずは動画で3施設を体感してみませんか?

東急ハーヴェストクラブ 施設の紹介動画
今回ご紹介した箱根の3施設だけでなく、温泉が自慢の全国各地の東急ハーヴェストクラブの雰囲気をご覧いただけますので、ぜひ参考にしてみてください。

東急ハーヴェストクラブ施設紹介の動画を見る

また、気になる施設について「温泉大浴場や館内の様子を実際に見学してから決めたい」という方には、日帰り見学会もご案内しております。
クラブライフを満喫するイメージを具体的に思い描いてみませんか?

東急ハーヴェストクラブの現地見学会・体験宿泊会のお申込はこちら

ご入会方法やシステム、ご利用方法など、「直接スタッフに質問したい」と言ったご相談は以下からもお受けしております。

東急ハーヴェストクラブへのお問い合わせ、ご相談はこちら

東急ハーヴェストクラブお問い合わせ電話番号

 

※本記事の情報は、公開当時のものです。以降に内容が変更される場合があります。
物件選びチェックリスト 無料eBookをダウンロード