お役立ち情報

みなさん、こんにちは。
東急ハーヴェストクラブ編集部です。

あっという間に2019年も残り1クオーターを切りました。冬の休暇やお正月の過ごし方に思いを巡らせる時期がやってきましたね。今回は、みなさまお待ちかね「東急ハーヴェストクラブ取引動向と人気施設ランキング」をお伝えしたいと思います。

前回のご紹介からまた半年を過ぎ、どんなトピックがあったのか? 取引動向の特徴は? などなど、気になるポイントをご紹介しながらランキングやその背景についてもお伝えしてまいります。ご検討中の方はホームグラウンド選びの参考に、ぜひご活用ください。

☆その前に先期のおさらいはいかがでしょうか?
軽井沢・那須の人気だけじゃない!買替、買増需要も増加中!〜2018年度下半期 東急ハーヴェストクラブ取引動向と人気施設ランキングをご紹介!〜

まずは2019年上期全体の振り返り


今期一番のニュースと言えば、やっぱり「東急ハーヴェストクラブ軽井沢&VIALA」の新規募集完売が挙げられます。2018年11月から、いったん売り止めになっていたものの7月より最終会員募集として再開し、VIALAは7月に、ハーヴェストクラブは8月に申込完売し、両物件とも完売となりました。

上空から見た軽井沢&VIALA。奥にそびえるのは浅間山

(上空から見た軽井沢&VIALA。奥にそびえるのは浅間山)

販売直後より、会員様やそのご紹介等をはじめ、引き合いがとても強く、あらためて「軽井沢人気」を感じさせてくれたこの物件。当初の勢いのままに完売まで至った、といった感じです。新規の販売は終了となりましたが、11月からは仲介での取引が開始される予定です。今後は仲介物件としてどのようにランキングに絡んでくるのか、注目されます!

仲介取引の様子は?


仲介取引についても、「東急ハーヴェストクラブ軽井沢&VIALA」の活況っぷりに負けず、好調に進んだ半年でした。

お問い合わせの数が例年に比べて大きく増加した、ということではなかったのですが、過去の仲介取引と比べても、取引数は歴代2番目! この伸びの背景には、売り物件の在庫が回復した点が挙げられそうです。

特に、ここ5年で一番在庫が少なかった昨年の9月末と今年の9月末を比べると、売り物件の総数は約1.5倍にまで回復していたことから、以前であれば「登録制」で購入待ちをしていた買主のみなさまをはじめ、比較的スムーズに物件をご案内ができる環境が整ったのだと推察されます。

ただしこれはあくまで、昨年との比較。依然として売り物件が少ない状況は続いています。昨年9月を底に、少しずつ売り物件数が回復していたのが昨年の下期(10月~3月)。一時は「このままこの動きが続くか」と思われたのですが、4月から現在までは毎月計測している売り物件の総数にほとんど動きがなくなってしまいました。つまり、ご入会の方とご売却の方の数が釣り合った状態が半年間続いている、というわけですね。

登録制になると、サイトではこのように表示されます

(登録制になると、サイトではこのように表示されます)

全体的には、VIALAを中心にずっと「登録制」が続く物件もあれば、「登録制」と登録制解除を繰り返す物件もあり、この半年では実に9物件が一度は「登録制」になるという結果となりました。また、登録制にまではならなくとも売り物件が充分でないことも多く、その影響で、仲介取り扱い物件の8割の施設が、4月よりも取引価額を上げています。
物件にもよりますが、全体的には売り物件が不足、という状況は今後も続きそうです。

登録制とは? 詳しくはこちらもチェック

お待ちかね! 取引物件ランキング


2019年上半期の全体動向を踏まえた上で、いよいよ取引件数のランキングの発表です!

<2019年上半期取引物件ランキング>

1位 東急ハーヴェストクラブ箱根甲子園
2位 東急ハーヴェストクラブ那須
3位 東急ハーヴェストクラブ天城高原伊東熱海伊豆山
4位 東急ハーヴェストクラブ有馬六彩
5位 東急ハーヴェストクラブ蓼科アネックス

—1位に輝いたのは、2018年下期に続き「東急ハーヴェストクラブ箱根甲子園」

(三世代でもおひとりさまでも、おくつろぎいただけること間違いナシ)

(おひとりさまから三世代まで、おくつろぎいただけること間違いナシ)

ご希望になった買主様からは、「施設を利用してみて『ここはいい!』と思えたから」などの声が聞こえてくる「東急ハーヴェストクラブ箱根甲子園」。すでに別の施設をホームグラウンドにされている会員様からも「この施設がすっかり気に入ってしまって」と、お買替になる動きが目立ちました。

箱根の自然に抱かれた心遊ばせる湯のリゾート「東急ハーヴェストクラブ箱根甲子園」の特徴といえば、三世代が心からくつろぎ楽しめる様々な施設でしょう。周囲の池と一体になったような造りの「夏季限定庭園プール」では、お子さまたちのはしゃぐ声が。

箱根甲子園で夏の楽しみは、庭園プール

(箱根甲子園で夏の楽しみは、庭園プール)

箱根外輪山の眺望を愉しみながら水に浮かぶひと時を楽しむ最上階フロアの屋内プールも大人気です。同じく最上階の温泉大浴場は露天風呂付。箱根ならではの愉しみとくつろぎに満ちています。

箱根甲子園の最上階で愉しむ露天風呂付温泉大浴場

(箱根甲子園の最上階で愉しむ露天風呂付温泉大浴場)

東急ハーヴェストクラブ箱根甲子園

たっぷりリフレッシュしたあと、「ぐう」っとお腹が鳴ったらThe Dining「四季彩」へ。光と水に包まれた空間で、和洋それぞれのフォーマルコース料理を味わったり、前菜・デザート等は自由にお取りいただきメイン料理だけをチョイスする新しいスタイルのボードコースで思い思いのディナーに舌鼓を打ったり…。
プライベートタイムは、バリエーション豊かな客室で。和室・洋室のバリエーションはもちろん、専用庭と露天風呂のあるメゾネットタイプ、ペットと一緒に泊まれるペット対応タイプなど、三世代で気兼ねなくくつろげること間違いナシです。

—伊豆エリア3施設が揃い踏み

今回のランキングで編集部でも話題になったのは、3位に天城高原伊東熱海伊豆山と伊豆エリアの施設が仲良くランクインした点です。首都圏からもアクセスのよい伊豆は以前から根強い人気がありましたが、今期は特にその傾向が出たようです。

東急ハーヴェストクラブ熱海伊豆山

(広々とした相模湾を臨む熱海伊豆山)

東急ハーヴェストクラブ伊東(温泉展望大浴場)

(旅情ただよう伊東)

東急ハーヴェストクラブ天城高原

(富士山を正面に眺める天城高原)

3施設はそれぞれ特長も三者三様なので、最もご自身にあった場所をホームグラウンドにし、ほかの2施設も楽しむ、という方も。では、それぞれどのような特徴があるのかというと…? ぜひこちらのブログをご覧ください。

同じエリアでも3施設3様!多彩な魅力あふれる伊豆で、あなたにぴったりなハーヴェストクラブを探しませんか?

—「金湯」と「銀湯」はやっぱり人気「東急ハーヴェストクラブ有馬六彩」

ランキング発表時に、関西エリアの施設は必ずと言っていいほど食い込んでくるのですが、今回は「東急ハーヴェストクラブ有馬六彩」でした(実は、「東急ハーヴェストクラブ京都鷹峯」は6位でした!)。関西の会員様を中心に、温泉愛好家の会員様やお酒好き、歴史好きの方を中心に根強い支持を誇るこの施設。風情ある温泉街やレトロな鉄道など、ほかのエリアとは違ったリゾートライフをお過ごしいただける施設です。

東急ハーヴェストクラブ有馬六彩&VIALA(金湯)

(太閤秀吉も愛した「金湯」と「銀湯」を一度に楽しめる有馬六彩&VIALA)

—別荘の魅力とホテルの気軽さで初ランクイン「東急ハーヴェストクラブ蓼科アネックス」

今回初のランクインとなった「東急ハーヴェストクラブ蓼科アネックス」は、関東、中京、関西と、幅広いエリアからアクセスできる場所ということもあり、引き合いが増えたようです。

この施設の特徴は、全室キッチン付というところ。別荘感覚でお寛ぎいただけるので、連泊でのご利用はもちろん、大人数でお出かけいただき、お部屋で自分たちが持ち寄ったおつまみを楽しみながらおしゃべりに花を咲かせる、などの過ごし方も。また、「東急リゾートタウン蓼科」から湧き出る温泉を利用した温泉スパハウス「鹿山の湯」が隣接しているのも特長のひとつ。頭上にきらめく満天の星空を眺めながら入浴する露天風呂は格別です。

(東急ハーヴェストクラブ蓼科アネックス 外観)

(森に囲まれた蓼科アネックス)

ちなみに、2018年の同時期(2018年上半期)のランキングはというと?

<2018年上半期取引物件ランキング>
1位 東急ハーヴェストクラブ那須
2位 東急ハーヴェストクラブ箱根甲子園
3位 東急ハーヴェストクラブ旧軽井沢
4位 東急ハーヴェストクラブ熱海伊豆山
5位 東急ハーヴェストクラブ伊東

順位は逆でも、1位と2位は同じ顔触れ。「東急ハーヴェストクラブ伊東」は2年連続のランクインでしたね。

今後の見通し、展望は?


今回のランキングはいかがでしたでしょうか?

秋から冬に向かっていくこの季節、今後の動向予測について営業担当者は
「元々、ハーヴェストクラブは別荘などと比べると、季節要因で取引数に波がある、という傾向は少ないものです。しかし、これからの季節は温泉やスキーなどを目的とした需要が高まって、そうした周辺施設が充実した場所に注目が集まると思われます。
全体的に、売り物件の数が劇的に増加する、といった傾向は考えづらいので、物件にもよりますが、今後も少しずつ仲介価格が上振れするといった動きがみられるのではないかと予想されます」と、教えてくれました。

秋の盛りのグランデコ

(秋の盛りのグランデコ)

冬のタングラムスキーサーカスは白銀の世界に

(冬の斑尾。タングラムスキーサーカスは白銀の世界に)

雲海と白銀のスキージャム勝山

(真っ白な雲と雪の世界、スキージャム勝山)

最近は、「ご案内が充分可能だった物件に問い合わせが集中し、気付いたら登録制になっていた」といった事例も見られ、以前よりも物件の動きが早くなっているようです。初めにも触れた、「東急ハーヴェストクラブ軽井沢&VIALA」の仲介取引開始も含めて、もし「入会を考えている」や「この施設が気になっている」など、ご興味ございましたら一度状況のご確認も含めて、お問い合わせいただくのがオススメです。

ウィンタースポーツを楽しみたい!そんな時にオススメな東急ハーヴェストクラブの施設について、詳しくはこちら

毎週の仲介価格をチェック。おススメ物件などもお見逃しなく!


半期に一度のご紹介だけでなく、東急ハーヴェストクラブでは「物件価額一覧」を毎週公開しています。どの施設が取引可能な状況か、どのくらいの予算感なのか、などを把握いただくだけでなく、オススメの施設もご紹介しているのでぜひ参考にしてみてくださいね。
物件価額一覧

また、一ヶ月ごとにこのブログと同じように、仲介取引の動向をまとめてお伝えをしています! こちらもぜひご注目ください。
ハーヴェストクラブ仲介会員権 今月の動向

このほか、ご入会の流れ、ご利用の方法についてもwebサイトでご紹介しています。もちろん、資料のご用意もございますし、お電話でギモンに感じていらっしゃることを直接ご質問いただけるようにもなっています。
一番ご都合のよいスタイルで、一番知りたいことを、ぜひ東急ハーヴェストクラブ担当者までお尋ねください。

info-banner-HVC

東急ハーヴェストクラブお問い合わせ電話番号

※本記事の情報は、公開当時のものです。以降に内容が変更される場合があります。
リゾートさがしガイドブック集