エリア情報 沖縄の海

みなさん、こんにちは。

東急リゾート、別荘コンシェルジュの吉岡です。

今回は沖縄エリアで別荘の購入をご検討中の方に向けて、「失敗しない現地見学」のポイントをご紹介します。
日本屈指の南国リゾート沖縄。旅行で行ったことはあるけれども、別荘の検討のために当地を訪れた経験がある方、というのは少ないのではないでしょうか。
観光で楽しんでいるあいだは気にならなくても、いざ別荘を探し始めると気になることもでてくるはず。
現地に赴いてから「こんなはずでは、、」「イメージと違った」ということがないように、事前にお目通し下さい。

【「失敗しない現地見学」のポイントは?】

1.事前に希望エリアと見学物件を絞りこむ。

当エリアの別荘の見学にお越しいただいた方の中には、「思ったより広い」といった印象を持たれる方もいらっしゃいます。
沖縄本島の南端から北端までは直線距離で106kmあり、車で2時間半以上かかります。沖縄の海
また、北部、中部、那覇、南部とそれぞれで特徴が異なりますので、まずは希望エリアを決めて頂き、弊社ホームページなどである程度見学したい物件をピックアップいただいた後に、使い方などのご要望を併せてお伝えいただければ、効率的に見学していただけるスケジュールをご提案させていただきます。
私自身も沖縄出張の際に行程表通りに回ることが出来ず苦労した経験があり、事前に見学物件を絞り込む重要性を肌で感じました。

2.余裕を持った見学スケジュールをたてる。

沖縄は台風が多い、ということでも有名です。
せっかく現地見学にお越しいただいても、外に出られないということや、予定していた物件数を見ることができない、といったケースもあります。
そのため、現地見学の日程については事前に天気の状況を現地の営業担当に確認しながら決めることをおすすめします。また、沖縄の天気は変わりやすく、予定通りに物件の見学ができないこともあるので余裕をもった見学スケジュールをたてると良いかと思います。

3.利用目的とあわせて周辺地域の特徴も調べる。

ご検討中の方の中には、「当面は別荘として利用し、将来的に定住も・・・」とお考えの方もいらっしゃると思います。物件選びの際はその周辺地域についての特徴を知っておくことも重要なポイント。沖縄 家
沖縄では地域交流が活発なエリアが多いため都会と同じような感覚でライトなご近所づきあいを望まれる方にはマンションのご検討をおすすめします。
もちろん、「沖縄ならではの交流・文化を楽しみたい!」「都会とは違う“濃い”人付き合いを楽しみたい!」といった方にはそういったエリアもぜひ候補に入れていただきたいです。

 

いかがでしたか?
沖縄エリアで別荘をご検討の際は、今回ご紹介したポイントをおさえて現地見学にお越しください。
また、ご検討の中で不安や疑問があれば、営業マンや別荘コンシェルジュに相談して早めに解消することが別荘購入の近道です。ぜひお気軽にお問い合わせください。




別荘コンシェルジュへのご意見・ご相談はこちら



※本記事の情報は、公開当時のものです。以降に内容が変更される場合があります。
物件選びチェックリスト 無料eBookをダウンロード