友枝康二郎

writer:

桑沢デザイン研究所卒業後、株式会社HONEYに入社。今のモノ文化の起点となるブランディングやイベント企画、ショップデザインに携わる。20歳のとき八ヶ岳に一目ぼれ。29歳で脱サラし30年ローンを組み、八ヶ岳のふもとに長野県原村にログハウスを建てる。その後12年間は家族で週末に通い、41歳で家族が完全移住。自身は平日は東京に住んで働き、週末は八ヶ岳で暮らす本格的な2拠点ライフへ。2011年の東日本大震災を機に53歳で完全移住を果たす。現在は八ヶ岳を拠点にデザインの仕事のかたわら、モリッシュ カントリーを立ち上げ、「田舎暮らしプロデューサー&ライフスタイルデザイナー」として、小さな家からスタートできる、新しいスタイルの田舎暮らしを提案中。