エリア情報

みなさん、こんにちは。
東急リゾート別荘コンシェルジュです。

理想の別荘の探し方や多様なリゾートライフをご提案するこのブログ。今日は「海外に別荘を持つ」というご提案をしたいと思います。

昨今ではご夫婦で毎年、海外旅行に出かける方も多いと聞きます。

ここにお集りの方の中にも、リタイアした後、「これまでは遠くて行けなかった場所」や「再び、思い出が詰まった場所」への旅行を計画されているかもしれませんね。そんな場所を、“第2のふるさと”とするのはいかがでしょうか?

海外は言葉が通じるか心配…。
そんな声もあるかもしれませんが、「ハワイ」ならいかがでしょうか?

日本人観光客が多いことから、他のエリアに比べて日本語で対応してくれる施設が多いのが魅力のこのエリア。東急リゾートでは、「ハワイ オアフ島」で、ホテルコンドミニアムとコンドミニアム、一戸建てのおすすめ物件情報を提供しています。

いつかはハワイに…という方に。ハワイの別荘情報はコチラ
さて、永遠の憧れとも言えるハワイですが、実際にどのくらいの先輩別荘オーナーがいるか、ご存知ですか?
例えば下の図をご覧下さい。

ハワイの不動産価格推移

オアフ島の不動産取引価格は、サブプライムローン問題による、リーマンショックでやや下落しましたが、影響は大きくなく、2013年以降ではリーマンショック前の水準値を超えるまでとなっています。

日本人に限れば、青い空に青い海、燦々と降り注ぐ太陽と豊かな大自然に惹かれ、ハワイに生活の場所を移したり、日本に拠点を置きつつも気軽にハワイに行けるよう不動産を所有する方は年々増加傾向にあります。

【日本人が住みやすいハワイ】

・言葉の問題
日本人が海外に出たときに一番心配するポイントがここではないでしょうか?
ハワイなら、日本で紹介されるような有名なショッピングモールなどでは比較的日本語が通じる場面が多くあります。また、病院も日本語に対応している場所がありますので、長期滞在する場合なら、事前に調べておくと安心ですね。

・食事や飲み水の問題
食事は旅の楽しみの1つ。周囲を海に囲まれたハワイなら新鮮な魚介料理や、郷土料理も美味しく召し上がって頂けることでしょう。

海外で気をつけるべき飲み水についてもハワイなら過度に気をつける必要はなさそうです。水質が良く、日本同様、水道から直接飲んでも問題ありません。ただ、やっぱり気になる、という方はスーパーなどでボトル詰めのミネラルウォーターが売られているので、そちらを購入するのもよいでしょう。特に、長期滞在ならケース入りで手配するのもいいですね。

・衛生観念の問題
日本とは少し違う部分もありますが、総じて衛生的と言えるでしょう。特に、大型施設にあるトイレは、定期的に清掃されている場合がほとんどです。

【ハワイでのリゾートライフ、おすすめは?】

・長期旅行を芸能人気分で
憧れのハワイ。最低でも10日間はじっくり堪能したいですね。ショッピングに繰り出すのもいいですが、ぜひ大自然を堪能してみてください。

マリンスポーツだけでなく、トレッキングで南国独特の草花を愛でるのもよし、小高い丘から水平線を眺めるのもいいでしょう。時期がよければホエールウォッチングを楽しめるスポットもありますよ。

・思わぬトラブルもこれで解決
凶悪事件の発生率はアメリカ合衆国内でも低いと言われるハワイですが、窃盗などの事件がないわけではありません。海外だ、ということを忘れないようにするべきでしょう。

特に、日本人が気をつけるべきは「置き引きやひったくり」といったもの。気を付けたいポイントは「外務省海外安全ホームページ」をご確認下さい。

常夏の別世界で穏やかな時間を過ごせば、きっと究極のリゾートライフを体験して頂けると思います。東急リゾートではハワイの特徴を紹介したコンテンツも準備しています。

こちらも合わせてご覧下さい。

eBook「ハワイ不動産購入ガイド」目次

ebook_hawaii_h1

  • 今ハワイ不動産が選ばれる理由とは
    ハワイの不動産が注目されている理由をグラフやデータでご紹介
  • ハワイ不動産取得目的
    ハワイ不動産を購入する目的について
  • 物件タイプ紹介
    目的にあった物件タイプのご紹介
  • 購入マニュアル
    事前に知っておきたい情報や不動産購入までの流れ
  • ハワイエリアマップ
    ハワイで人気の3エリアを物件情報とあわせてご紹介
  • よくあるご質問
    ハワイ不動産購入に関するQ&A

ハワイ不動産購入ガイドeBookのダウンロードはコチラ

ハワイの取り扱い物件はコチラ

※本記事の情報は、公開当時のものです。以降に内容が変更される場合があります。
リゾートさがしガイドブック集