お役立ち情報 shutterstock_684224890

もし、ハワイに別荘があったら――。夢が広がりますね。
しかし、夢で終わらせる理由はありません。私たち日本人がハワイに不動産を持つのは、夢というよりは選択肢の一つ。
少しでもハワイの不動産に興味が出たら、具体的に検討してみることをおすすめします。
そのファーストステップとして役に立つ、初めてハワイで物件を探す方のためのeBookを作成しました。物件情報を見るだけでは分からない、検討すべきポイントや、購入のステップ、購入目的にあったエリア情報などをまとめています。
当記事では、eBookの一部をご紹介したいと思います。

 

目的別で選ぶ、ハワイの物件タイプ

ハワイで不動産を選ぶ際には、どのような種類の物件があるかをまず知っておく必要があります。「別荘として自分がメインで使いたい」「投資目的で購入したい」など、目的にあった物件を選ぶために、それぞれのタイプについて知っておきましょう。

1. コンドミニアム

コンドミニアムとは、日本の分譲マンションにあたるタイプの物件です。リゾート地のマンションらしく、プール、ジム、ゲストルーム、バーベキュー施設などの共用施設が充実しているのがポイントで、住人は滞在中自由に利用できます。
また、コンドミニアムの中にはバケーションレンタルが可能な物件もあります。これは、オーナーが利用していない時期に第三者へ月単位で貸し出すことができる物件のことで、その間は家賃収入が得られるというメリットがあります。

2. コンドホテル

コンドホテルとはいわゆる分譲ホテルのことで、所有するとホテルの一室のオーナーとなります。ハワイ滞在期間中はいつもホテルグレードの上質なサービスが受けられ、優雅なハワイアンライフが満喫できることでしょう。
利用していない期間はホテル側が自動で客室として運営してくれるので、面倒なメンテナンスは一切不要。さらに、ホテル客室の売り上げの一部がオーナーの収入となるというメリットもあります。かの有名な高級ホテル、トランプタワー・ワイキキやザ・リッツ・カールトンもそれぞれにオーナーがおり、同様のシステムで運営されています。

3. 一戸建て

こだわりのハワイ生活を楽しみたい人におすすめなのが、一戸建ての物件です。別荘としての利用に適しており、自分がメインで使いたいという人向けといえるでしょう。広い敷地にプライベートの庭やプールなどがある物件も多く、庭に植物を植えたりペットと遊んだりと自由度の高い生活ができます。一戸建てはコンドミニアムやコンドホテルに比べて広い敷地面積が必要となるため、中心部からやや離れたロケーションが多くなります。なお、不在時のセキュリティー面や定期的な清掃などの維持管理は自己責任となりますが、第三者への委託も可能です。

4. タウンハウス

タウンハウスとは、いわば現代版の長屋のようなタイプの物件です。屋根が一続きとなっている木造2階建ての共同住宅で、そのうちの一室が区分所有として分譲されることになります。ホノルル中心部から離れた場所に多くある物件で、観光客よりも現地居住者用住宅として高い需要があり、長いスパンでテナントに貸し出すケースが主流です。従って、タウンハウスの購入を検討している人は、自分が別荘目的として使うよりも、投資や減価償却目的としているケースが多くなります。

 

購入にあたって事前に知っておきたいこと

ハワイにおける物件の売買は、売主と買主がそれぞれエージェント(代理人)を選定することから始まり、その後の売買交渉は全てエージェントを通して行われます。なお、エージェントの仲介手数料は全て売主側が支払うため、不動産購入時に仲介手数料はかかりません。したがって買主側にとっては金銭的負担も少なく、取引しやすいシステムといえるでしょう。
さらにハワイにおける不動産の販売情報は、MLS(Multiple Listing Service)というサイトを通し全エージェントに公開されているため、エージェントによって扱う物件情報量に差異はありません。そのためエージェント選びは、いかに信頼関係が築けるか、円滑なコミュニケーションが取りやすいかなどが重要なポイントとなります。

 

今ハワイでもっとも注目を集めている再開発エリア「アラモアナ/カカアコ」

ハワイは、同じホノルルでもエリアによって街の雰囲気や物件の特徴が異なります。eBookでは、特に人気のあるエリアを3カ所ご紹介しています。
中でもアラモアナおよびカカアコは現在再開発が進んでおり、ハワイでもっとも注目を集めているエリアとして話題になっています。ワイキキからタクシーで約10分という近距離でありながら、喧騒から離れた落ちついた雰囲気が魅力のアラモアナおよびカカアコエリアはハワイ最大のショッピングセンター「アラモアナセンター」があることで知られていますが、ほかにも日系スーパーや24時間営業の大型スーパーなどがあり、生活しやすい便利なエリアです。北側には美しい山脈が、南には緑あふれるアラモアナ・ビーチパークと透明度の高い海が広がっており、自然と利便性の両方を楽しむことができます。
また中古物件が主流のハワイにおいて、超高級コンドミニアムのパークレーン・アラモアナや、ショッピングやエンターテインメントの要素を詰め込んだ複合型コンドミニアムのワードヴィレッジなどといった新築物件が集中しており、今後のホノルルの新しい中心地として期待されています。

アラモアナ通りから見たパークレーン・アラモアナ(完成予想CG)

アラモアナ通りから見たパークレーン・アラモアナ(完成予想CG)

 

◆ ◆ ◆

いかがでしたでしょうか?
ハワイで物件を選ぶ際には、各物件のタイプやエリアの特徴をよく知っておくことが大切です。別荘として自分がメインに使いたいのか、それとも投資物件として運用したいのか。それぞれ目的に合った物件とエリアを選ぶことが、ハワイでの別荘利用における成功の秘訣と言えるでしょう。
あなたにぴったりの物件を選ぶために、ぜひeBookをお役立てください。

eBook「ハワイ不動産購入ガイド」目次

ebook_hawaii_h1

  • 今ハワイ不動産が選ばれる理由とは
    ハワイの不動産が注目されている理由をグラフやデータでご紹介
  • ハワイ不動産取得目的
    ハワイ不動産を購入する目的について
  • 物件タイプ紹介
    目的にあった物件タイプのご紹介
  • 購入マニュアル
    事前に知っておきたい情報や不動産購入までの流れ
  • ハワイエリアマップ
    ハワイで人気の3エリアを物件情報とあわせてご紹介
  • よくあるご質問
    ハワイ不動産購入に関するQ&A

ハワイ不動産ガイドeBookのダウンロードはコチラ

※本記事の情報は、公開当時のものです。以降に内容が変更される場合があります。
物件選びチェックリスト 無料eBookをダウンロード