エリア情報

みなさん、こんにちは。
東急ハーヴェストクラブ編集部です。

京都にも新緑の季節がやってきました

2014年10月に開業した「東急ハーヴェストクラブ京都鷹峯&VIALA」。華やかな桜の季節を経て、新緑が鮮やかな瑞々しい季節がやってきました。

今日は、そんな京都の夏の風物詩である「納涼床」を始め、オススメの過ごし方や見どころ・京都のグルメ情報をお伝えし、少しでもその魅力を感じていただければと思います。

夏の暑さを忘れるような雅な雰囲気を体感する「納涼床」

京都の夏といえば、「暑い」というイメージが強いもの。
そうしたこともあり、当地では古くから「耳や目、そして全身で涼をとる工夫」が凝らされてきました。その代表的なもののひとつが「納涼床」です。

しょうざんリゾート京都敷地内の「溪涼床」川の真上にテラスのように床を組み、せせらぎを感じながら美食を堪能したり、時の流れの中で過ごすひと時は、暑さを忘れた豊かな時間といえます。

「東急ハーヴェストクラブ京都鷹峯&VIALA」が位置する、しょうざんリゾート京都敷地内にある「溪涼床」は、緑に囲まれ、清冷な川の流れに抱かれるように設えられています。

この涼やかな様子は、言葉で説明するよりもその目でご覧いただきたいもの。ぜひ、一度当地に足を伸ばして頂き、雰囲気を味わってみませんか?

▼まずは動画で体感! 「京都の夏の風物詩『溪涼床』〜しょうざんリゾート京都〜」

会員のみなさまの愉しみ方と人気の名所ベスト5!

「東急ハーヴェストクラブ京都鷹峯&VIALA」の開業以来、「実際に訪れてみて、その豊かな自然と京都ならではの雰囲気に感動した」「自然に調和するような佇まいがお気に入り」とのお声を頂戴することもしばしば。

では、実際に「東急ハーヴェストクラブ京都鷹峯&VIALA」を拠点(=ホームグラウンド)としている会員のみなさまは、どのようにその魅力を味わっていらっしゃるのか?
お二組の会員様に感想を伺ってみました。

■ 憧れの地をホームグラウンドに

京都でのひと時は「いのちの洗濯」という髙橋さま髙橋様ご夫妻

「関東の人間にとって、京都や奈良は憧れの地」と仰る髙橋様は、ホテルを拠点に建仁寺や仁和寺といった名所を周り、歩き疲れた身体を施設内の天然温泉の露天風呂大浴場で癒したあと、彩り鮮やかなお料理に舌鼓。
洗練された京都らしさを感じさせるお部屋でゆっくりと寛ぐのが愉しみだとのこと。こうすることで「いのちの洗濯になる」とのことです。

■ お部屋には温泉露天風呂も

「ここにいるだけでリラックスできる」と丸山様丸山様ご夫妻

一方、丸山様はVIALAの客室の温泉露天風呂と、お部屋の調度が「仰々しくなくシンプル」であることがお気に入り。
このホテルにいるだけでリラックスした気分になれ、しょうざんリゾート京都の敷地内を散策すれば、歴史の重みと豊かな自然を感じられる、とおっしゃいます。

では、ほかの会員のみなさまは?
ホテルスタッフにインタビューしたところ、
会員の皆様に人気の名所は、

5位:
大政奉還の舞台ともなった「二条城」
4位:京都五山のひとつ「東福寺」
3位:「迷い」と「悟り」を表す四角と丸の窓が印象的な「源光庵」

では、1位と2位は…?
京都を知り尽くしたスタッフがオススメする観光スポットと「東急ハーヴェストクラブ京都鷹峯&VIALA」の施設や客室については、ぜひ動画でご確認ください。

▼「日本のリゾート 京都新発見 〜会員制リゾートで愉しむ」

せっかく京都に来たのなら、
洗練された京グルメを目で舌で味わうのもオススメ

京都の魅力を堪能する方法は、観光名所や名刹を巡ったり四季折々の自然を愛でるだけではありません。
この地の水や風土、そして長い歴史によって洗練された「グルメ」を通じて、味覚で愉しむこともオススメです。

紫野和久傳 堺町店のお茶菓子例えば、京都ならではの風情を感じるなら、「町家」でのひとときを楽しみたいもの。
「紫野和久傳 堺町店」でなら、2階の茶菓席で同じ敷地内にある料亭で仕立てる出来たてのお菓子やむしやしないの逸品(お茶漬けなどの軽いお食事)を味わうことができます。古き良き京都の佇まいの中で、京都の古くからの文化に触れてみるのはいかがでしょうか?

【紫野和久傳 堺町店(むらさきのわくでん)】
075-223-3600

甘味処 紅葉庵の「ぜんざい」

京都東山に散策に出かけたら、ぜひ足を運びたいのが「円山公園」。桜の名所としても有名ですが、園域には八坂神社、知恩院にもほど近く、季節を問わず賑わう京都散策コースのひとつです。
そこでの散策の合間に、ふらりと立ち寄りたいのが「もみじ庵」。風情と趣のある店に一歩足を踏み入れれば、タイムスリップしたような印象に…。程よくあっさりとした甘みが歩き疲れた身体を癒してくれることでしょう。
ほろ苦いおうす(お抹茶)と一緒に頂くのがオススメです。

【甘味処 紅葉庵(もみじあん)】
075-551-0420

茶寮宝泉の生菓子街歩きの合間の休憩にぜひ訪れたいのが「茶寮 宝泉(ほうせん)」。
京都の美しい季節の風情を託したお菓子の数々は目にも楽しいものばかり。お茶とお菓子をいただきながら、日本庭園を眺めるゆっくりとしたひとときを愉しむのはいかがでしょうか?

【茶寮 宝泉(ほうせん)】
075-712-1270

畑かくの「ぼたん鍋」夕食も当地の美味を、ということなら訪れたいのが「畑かく」。元祖ぼたん鍋や京料理が味わえる老舗です。
田舎料理の猪鍋を、大輪の紅白ぼたんが花開いたように猪肉を盛りつけることで、京都らしく洗練された料理に昇華させた「ぼたん鍋」はぜひ味わいたいもの。コクのある白味噌仕立ての京ならではの味を、数寄屋造りのお部屋で炭火の炉を囲みながら頂けば、格別なひと時として思い出に残ることでしょう。

【京料理 畑かく(きょうりょうり はたかく)】
075-441-0610

歴史ある京都に別邸を構えるからこそできる、四季折々の愉しみ方

京都の四季の彩りを味わう歓びを

春の桜、秋の紅葉はもちろんのこと、葵祭や時代祭、祇園祭をはじめとした、たくさんのお祭りが催されている京都。

「東急ハーヴェストクラブ京都鷹峯&VIALA」をホームグラウンドにすれば、トップシーズンでのご予約の抽選も優先されるため、「観光に賑わう京都の街並みや神社仏閣のお祭りをゆっくり堪能し、宿泊はそんな喧噪とは一線を画すしょうざんリゾート京都内のホテルでゆっくりと」といった贅沢なひと時をご堪能いただけるというものです。

特に今年は、このしょうざんリゾート京都がある鷹峯を本拠地とし、日本の美術史に残る数々の至高を生み出した琳派400年記念の年。鷹峯エリアを中心に特別公開や展覧会のほか、琳派にまつわる各種催しの予定が多数あります。

また、7月には京都の夏を彩る「祇園祭」がいよいよ開催されます。日本の文化や伝統、そして古えの交易の面影を垣間みる山鉾は、ぜひ一度ご覧いただきたいもの。

会員制リゾートホテル「東急ハーヴェストクラブ京都鷹峯&VIALA」は京都駅より車で約30分。シャトルバスも用意されていて、アクセスの良さも魅力です。この地を拠点に「別邸」のように利用しながら、豊かな表情をもつ京都を愉しみ、味わい、触れるひと時をお過ごしになってみてはいかがでしょうか?

歴史と文化、壮麗な緑に抱かれる歓び
「東急ハーヴェストクラブ京都鷹峯&VIALA」を更に詳しく!!▶

「実際に入会する方法や予約のシステムや宿泊費など、もっと詳しく知りたい!」という方に、ただ今「東急ハーヴェストクラブ京都鷹峯&VIALA」のカタログを無料でプレゼントしています。

ホテルや周辺施設の情報はもちろん、入会にあたってのよくあるご質問などについても解説しておりますので、ぜひ、お手元でご検討の資料としてご活用ください。会員制リゾートホテルで「京都」に別邸を

「実際に、現地を見学したい!」「資料よりもリアルに体感したい!」といったお客様には、現地見学会がオススメです。また、東京・名古屋ではそれぞれ個別相談会も承っております。どうぞお気軽にお問い合わせください。東急ハーヴェストクラブ「京都鷹峯&VIALA」現地説明会開催中

※本記事の情報は、公開当時のものです。以降に内容が変更される場合があります。
リゾートさがしガイドブック集