暮らし術 Baccarat-1

超富裕層たちがどのような別荘を好み、別荘でどのように過ごしているのかについて紹介してきました。今回はその一流ホテルでのリゾートライフの過ごし方についてグローバルなトレンドとあわせてご紹介します。

一流ホテルでのコンシェルジュの価値

最近は、Airbnb(エアビーアンドビー)などシェアリングサービスがグローバルで浸透してきており、私自身も旅行するときにホテルを利用する機会が減ってきています。ただ、一流のホテルでは設備などハード面でも、スタッフの質などソフト面でも、他にはないサービスを受けられるため、今後も利用し続けたいと考えています。
一流ホテルのサービスの白眉と言えるのがコンシェルジュたちのレベルの高さです。最近では定型的なエクスカージョン(日帰りのアクティビティ)であればオンラインでほぼ予約ができるので、入手が困難なチケットやレストランの予約の手配、細かなリクエストが必要なアクティビティに絞ってコンシェルジュを利用するようにしています。

ニューヨークの「パークハイアットホテル」に宿泊したとき、当時上の子供が6歳でした。折角世界中から高級なレストランが集まっている都市なので、子供と一緒にディナーを楽しめるレストランの予約をコンシェルジュに依頼しました。予約を入れてもらったのが、イタリアのミネラルウォーターブランド「サンペレグリノ」が提供するランキングで世界1位に選ばれたフレンチレストラン「イレブン・マディソン・パーク」でした。
ここではニューヨークの高級レストランとしては早い18時というタイミングからディナーを提供しているので、他にも子連れのグループが居た上に、そうしたグループはレストランの入り口に近いエリアに固められていたので、子供が物音を立てることもそれほど気にせずに、3時間近くにわたるコースを楽しめました。大人とは別に子供向けのフルコースまで用意してくれていて、料理のディスプレイも斬新で子供も飽きずに長時間のディナーを楽しめ、さすが一流ホテルのコンシェルジュのセレクションだと感動しました。

Eleven-Maddison-1

第2回でご紹介したスンバ島のリゾート「ニヒ・ワトゥ」を訪れた時も、私と上の子供が初めてサーフィンに挑戦したいと事前に伝えると、その日の波を見ながら初心者に最適な入り江を練習場所としてあらかじめ探しておいてくれ、さらに子供に教えるのが上手な女性のインストラクターを手配されていました。そのおかげもあり子供は2回目でボードに立てるようになり大いに楽しめました。
他にも、マレーシアのコタキナバルの離島にあるリゾート「ブンガラヤ」を訪れた時は、私の両親も含めた3世代旅行だったので、足にそれほど負担のないジャングルトレッキングのツアーをアレンジしてくれて、こちらもとても良い思い出となりました。

最近では、WhatsAppやFacebook Messengerなどのチャットを使って、ホテルの滞在中にいつでも気軽にコンシェルジュに相談ができるようになっているホテルも増えていて、電話をかけたりカウンターまで行ったりする煩わしさがなくとても便利です。
こうして一度素晴らしい経験をアレンジしてくれたコンシェルジュがいるホテルには、再度滞在したいと思いますし、次回に訪れるときは事前にコンシェルジュと連絡を取り合いながら、滞在中にどのようなことを行うのか予め相談したいと考えています。

 

高級ホテルに併設されたレジデンス

このように一流ホテルで過ごす魅力は、他では得られない楽しい体験ができたり、サポートが得られたりすることです。最近ではこうした一流ホテルでのサービスと別荘を所有する良いとこ取りとして、ホテルに併設されたレジデンスがグローバルの富裕層の間で人気が広がっています。

海外に別荘を所有したいと考えている人は、気に入った場所を選ぶために色々な場所に旅行すると思いますが、そうしたときにレジデンスが併設された高級ホテルに宿泊することをお勧めします。そして、宿泊しているホテルのコンシェルジュに、レジデンスを見せてほしいとリクエストしてみましょう。
よほどレジデンスの情報をコントロールしている物件でなければ、宿泊客のリクエストですからその場で視察日程をアレンジしてくれます。ホテルマネージメント会社や不動産デベロッパーからするとホテルよりもレジデンスの方が、単価が大きく高収益のビジネスとなるので、設備や内装が豪華であることが多くなっています。

マンハッタンの最高級レジデンス「ワン57」は、「パークハイアットホテル」のサービスが受けられるレジデンスで、25階以下がホテルの客室となっており、より景色が良い高層フロアは最高層まで全てレジデンスとなっています。

One57-2

また「バカラホテル」のサービスが受けられる「バカラレジデンス」もマンハッタンで超富裕層に人気となっています。

Baccarat-1

他にも「アマン」や「フォーシーズンズ」、「リッツカールトン」といった高級ホテルブランドの名前がレジデンスにつけられ、隣接しているホテルのサービスが受けられると世界中で増えてきています。前回に紹介したドバイの「ブルガリレジデンス」はロンドンにも完成しています。

Bvlgari-London-2

皆さんも訪れるホテルの一流ホテルにレジデンスが併設されていないかチェックして、機会があればぜひレジデンスを視察してみてください。

 

高級ホテルブランドが運営するクルージング

レジデンスだけでなく、ホテルの運営会社がクルーザーも所有してクルージング旅行を提供するサービスも出てきています。高級ホテルブランドの「リッツカールトン」は約150室で約300人を収容できる専用の客船を建造して、2020年から地中海やカリブ海でのクルージング旅行を提供すると発表しました。
普通のクルーズ船は数千人を収容する大型船が一般的で、プライベートスペースが狭く、プールなどの共有施設は混雑します。したがって、ホテルにも色々な価格レンジのブランドがあるように、クルージングについても、よりラグジュアリーを求める人のための高級ラインが今後強化されてくると見ています。

「リッツカールトン」のように専用のクルーズ船の建造には至っていませんが、「アマンホテル」や「フォーシーズンズホテル」も、海近くのリゾートホテルではホテル所有の小型クルーザーで数日の海上の旅を提供し始めています。「フォーシーズンズホテル」は自社所有のプライベートジェットで、世界中の自社ブランドのホテルを数週間で巡る旅行まで提供していて、世界の超富裕層の間で人気となってきています。

このようにグローバルで一流ホテルが提供するホテルのサービスの幅が広がってきていますから、まずは色々な都市の一流ホテルに滞在する中で、自分のセンスに合うサービスを提供してくれるホテルブランドを選択してください。クルージングやフライトなどホテル以外のサービスも体験し、最終的にはそのホテルブランドの別荘を所有するという流れで、別荘の取得を検討してくのが自分のテイストにあった物件を探すことにつながるでしょう。

次回は、海外での別荘所有の延長線上にある、日本人富裕層の海外移住事情について紹介します。
 

※本記事は、岡村 聡氏の知識と経験にもとづくもので、わかりやすく丁寧なご説明を心がけておりますが、内容について東急リゾートが保証するものではございません。
※本記事の情報は、公開当時のものです。以降に内容が変更される場合があります。
物件選びチェックリスト 無料eBookをダウンロード