エリア情報 hakone-myojin-02_MV

日本有数の温泉地として知られる街、箱根。東京から約82.7km、電車で行くなら新幹線と箱根登山鉄道を利用してわずか1時間程度と、首都圏からのアクセスがよく、別荘地としても人気の高いエリアです。
さらに、箱根の魅力は温泉のみにあらず、四季折々で姿を変える美しい大自然や、森や湖を舞台に行われるアクティビティ、そして個性豊かな美術館の数々など、1年を通して子供から大人まで誰もが楽しめるスポットです。
箱根での過ごし方については、「箱根エリアで、温泉、アート、ドライブを満喫する別荘暮らし~東急箱根明神平別荘地」で詳しく紹介しています。

今回紹介するのは、そんな箱根にある温泉付き別荘地「東急箱根明神平別荘地」。中でもワンランク上の別荘ライフをお考えの方に、ぜひチェックしてほしい萩山エリアの情報をお届けします。

※東京からの距離は東京都庁から箱根町役場までの自動車を利用したルートとして、GoogleMapで表示されたルートのなかから最も距離が短いものを表記しています。

 

安心で上質なリゾートライフが実現できる「東急箱根明神平別荘地」とは

箱根にある別荘地の代表格として知られる、東急箱根明神平別荘地。箱根登山鉄道強羅駅より明神ヶ岳方面に車で約10分(約2.9km)、豊かな緑に抱かれたこの土地は、山すそを利用した階段状の南ひな壇となっているため、日当たり良好です。敷地内には整備された歩道や展望台があるのでいつでも散歩が楽しめ、晴れた日には眼下に美しい景観が広がります。

追加画像①

敷地内には源泉が2つ湧出しており、自分の別荘に温泉を引き込むことができます。管理組合が温泉の微妙な温度変化や流量の増減を日々点検調整しているので、安定した温泉が常に供給されているのです。自分専用の温泉がいつでも楽しめるのは、箱根に別荘を持つ醍醐味の一つといえるでしょう。
さらに東急箱根明神平別荘地では、1年を通して管理スタッフが常駐しています。定期的に敷地内を巡回してくれるので、オーナーが別荘を長期間不在にしていても安心です。環境保全に力を入れているため、道路整備や樹木の手入れもこまめに行われ、街並みが常に美しく保たれているので、いつ訪れても快適な別荘ライフが満喫できます。
また敷地内には、大正モダニズムの雰囲気をまとった会員制のリゾートホテル「東急ハーヴェストクラブ箱根明神平」もあります。東急箱根明神平別荘地のオーナーは特別料金でホテルが利用できるので、ちょっとした気分転換や特別な記念日にホテルステイを楽しむのもおすすめ。テニスコートや室内プールで汗を流したり、広々とした温泉大浴場や温泉露天風呂で手足を伸ばしてくつろいだりと、さまざまな楽しみ方ができます。

 

別荘地のシンボル的街区「萩山エリア」

東急箱根明神平別荘地の中でも、閑静な街区「萩山エリア」。そんな憧れの別荘地に焦点を当てて、魅力や特徴を紹介しましょう。

萩山エリアの特徴

 

その1. 萩山エリアの特徴

hakone-myojin-map

東急箱根明神平別荘地には、約517の区画があります。そのうち萩山エリアはわずか22区画、別荘地のシンボル的街区として存在しています。それぞれの区画は1,000平米以上というゆとりある土地面積となっており、建ぺい率は10~20%。建ぺい率が高い土地にありがちな「隣の建物が敷地ぎりぎりにあり景観がよくない」といった問題もありません。
また萩山エリアは別荘地の最奥に位置するため、別荘オーナーと管理組合以外に訪れる人はほとんどなく、閑静な環境が保たれているのも大きな魅力。森の中にひっそりと佇む邸宅に暮らすような、ラグジュアリーなひとときを楽しめることでしょう。

 

その2. 萩山エリアの管理体制

萩山エリアは、上記のとおり敷地内の庭木の管理や定期循環など管理組合の業務範囲が広いため、管理費も他のエリアとは異なります。具体的な年間管理費、そして管理費預り金は以下のとおりです。

東急箱根明神平 萩山エリア
1戸当たりの管理費 72,000円(税抜き) 560,000円(税抜き)
1戸当たりの管理費預り金 200,000円(非課税) 1,000,000円(非課税)
2018年8月22日時点
※管理費預り金は、契約が解約された際には無利息でオーナーへと返還されます。

他のエリアと比べると管理費の高い萩山エリアですが、敷地内の庭木や芝生の手入れも管理組合が行ってくれます。庭の手入れは、草刈りや枝のせん定など何かと手間と時間がかかるもの。その点萩山エリアでは全て代行してもらえるので、手間をかけることなく高級旅館のような美しい庭園を維持できます。加えて、敷地の不法使用、敷地内樹木の倒木、無断伐採等の有無の点検も行っており、不在時でも手厚い管理を受けられます。

 

その3. 萩山エリアにおけるルール

萩山エリアでは、その風格ある街並みを守るため、いくつかのルールがあります。まず敷地に垣を設置する場合、高さ1.0m以下の生け垣のみ可とされてます。つまり、樹木などを利用した垣根ならOKですが、それ以外の塀やフェンスは設置できません。
また、敷地内に植栽を行う場合は以下の対応が求められます。

  • 道路沿いおよび南側の敷地境界線沿いに植えること
  • 豊かな郷土林を形成するよう針葉樹林や広葉樹林など多層の木々を植えること
  • そして建物や道路の樹林による遮へい効果が出るように配植すること

各敷地内の庭園の管理は管理組合の業務範囲となるため、ガーデニングや家庭菜園はできません。このように、細やかなルールがあるからこそ、萩山エリアならではの高級感あふれる街並みが維持できているのです。

 

◆ ◆ ◆

別荘地は、日常の喧騒から離れた特別なひととき、そしていやしの時間を過ごすためにある場所です。全区画温泉引き込み可能な「東急箱根明神平別荘地」は、そんな滞在を心ゆくまで満喫できる、おすすめの別荘地。都心からのアクセスもよく、1年を通して箱根の魅力を味わい尽くすことができます。「東急箱根明神平別荘地、荻山エリア」をご希望の方は、箱根営業所にお問い合わせ下さい。その閑静な街並みや美しい庭園の数々は、一見の価値ありです。

「東急箱根明神平別荘地」の販売情報を見る
箱根エリアの情報を見る

※本記事の情報は、公開当時のものです。以降に内容が変更される場合があります。
物件選びチェックリスト 無料eBookをダウンロード