お役立ち情報

皆さんこんにちは。リゾートSTYLE編集部です。

今回ご紹介するのは、フィリピンの「プレビルド物件」についてです。
フィリピンは近年開発が盛んで、都市部のコンドミニアム(マンション)を中心に、多くの物件が取引されています。その中でも「プレビルド物件」の取引が多いのですが、これは計画段階の物件を売買するという、日本ではあまり馴染みの無い形態です。

なぜコンドミニアムの、プレビルド物件が選ばれるのか、どういった手続きの流れになるのか、ここで簡単にご説明いたしますので、ご興味をお持ちの方はぜひご覧ください。

フィリピン不動産購入はコンドミニアムやホテルコンドミニアムが主流

EMPRESS

まずはプレビルド物件のご説明の前に、フィリピンではどんな物件が日本人に購入されているのかをご説明します。

フィリピンでは、外国人は土地を所有することはできません。そのため、日本の方はご自身の名義で土地や一軒家を購入することは出来ないのです。しかし、建物に関しては所有ができるため、コンドミニアムやホテルコンドミニアムを購入・所有することになります。

ただし、コンドミニアムやホテルコンドミニアムの所有にも一定の制限があります。それは、一つの建物に対して外国人は4割しか所有できないということです。
近年はフィリピンで多くの新築物件が建設されていますが、そのうちの6割は国内に向けて販売され、外国人に販売されるのは最大で4割です。条件の良い物件は早い者勝ちとなっており、プレビルドの段階で購入されるケースが多くなっています。

このほかにも、タウンハウスを購入することができます。
タウンハウスは壁が隣とつながっている、一軒家風の集合住宅のことです。この場合も建物を所有することになるため、外国人でも購入することができます。ただし、物件数も少なく、好立地にはコンドミニアムが建設されることが多いため、主流ではありません。

プレビルド物件とは?メリットとデメリット

277766_s

プレビルド物件とは、計画段階の物件のことです。
日本でも新築マンションを購入する際、完成前に図面などを確認して売買契約を結ぶことは多いですが、マンションの建築資金は借入等で調達済み、建築も着工可能な段階になってから販売されています。それに対して、フィリピン等のプレビルド物件では、建築資金の借り入れなどは行わず、購入予定者からの入金を資金に充てる計画で、販売開始時点では着工もできない状態という違いがあります。

・プレビルド物件のメリット
まだ計画段階のため工事も始まっていない場合もありますが、物件価格は完成に近づくほど上昇することが多いため、最も安価に購入できる可能性があります。
また、物件が完成する前でも売却することが可能なため、値上がりに応じて売却してしまうという、投資を目的とした方が購入する場合も多いです。

・プレビルド物件のデメリット
計画段階の物件を購入することになるので、なかなか着工しない、予定通りに竣工しない、といったリスクもあります。
加えて、売買代金の支払い方法も、工事の進捗に合わせて支払うことがあります。意図せず支払いが遅れてしまったり、工事の進捗を都度確認しなければならなかったりといった問題も発生してしまうため、信頼できるエージェントを探すことが必要です。

プレビルド物件を購入するまでの流れ

729057_s

エージェントからの紹介、あるいは気になる物件が見つかった場合、引渡しを受けるまでには以下のような流れになります。
※売買の流れはディベロッパーによって異なることがあるため、一例としてご覧ください。

1.購入申込書、購入代金の支払い方法に応じた書面の提出

まず、購入の申し込み及び手付金の支払い期日を設定します。また、プレビルド物件の場合は、複数の支払い方法が選択できるため、この時点で支払い方法を決定、書面で申告します。
なお、支払い方法としては
・手付金+分割金(毎月定額支払い)+残代金
・手付金+工事の進捗に合わせた代金の支払い、
といった方法になります。

2.契約・手付金の支払い

次に契約に進みます。契約前までに、手付金を支払い場合が多いです。

3.分割金、残代金の支払い

分割金等を申告した方法に応じて支払い、残代金の支払いと物件の完成によって、物件の引き渡しを受けます。

4.内装費用の支払い

プレビルド物件の場合は、引渡しを受けた後に、キッチンや内装の壁紙などを、物件の購入者が決めて購入します。これらの費用は物件代金とは別に用意が必要です。


いかがでしたでしょうか?
今回はフィリピンの「プレビルド物件」についてご説明しました。日本ではそもそも取り扱われていない仕組みのため、初めてご検討される場合は不安な面もあるかもしれません。
東急リゾートではプレビルド物件を取り扱うエージェントとともに、皆様のご納得がいただけるように丁寧なご説明を行いますので、検討の際はぜひご相談ください。

フィリピン不動産の物件紹介ページはこちら

※本記事の情報は、公開当時のものです。以降に内容が変更される場合があります。

関連記事

リゾートさがしガイドブック集